営業(個人)の職務経歴書サンプル

相澤 駿 この職務経歴書のアドバイザーは 株式会社パソナ/パソナキャリアカンパニー 相澤 駿 さん

職務経歴書はあなたの「説明書」です。
これまでの営業経験を思い出してみましょう。自社の商材をお客様に提案するときには、必ず商材の説明書があると思います。その中には、「自社商材の強み」「販売・導入実績」などの説明があり、お客様はその内容を見て「購入するかどうか」を他の会社と比べて決めているはずです。職務経歴書も商材の説明書と同じ目線で作成すると分かりやすいです。「自社商材の強み=自己PR」「販売・導入実績=営業実績」のように、「お客様=人事」の方はどのようなポイント見るのか?を考えながら職務経歴書を作成しましょう。

営業(個人)の職務経歴書3つのポイント

  1. 1

    職務経歴・要約は端的にわかりやすく

    職務経歴・要約は人事が最初に見るポイントです。そのため「どのような経験をしているか」を、「何を」「どこに」「どのように」をキーワードに記載しましょう。応募する求人の職務内容を踏まえて記載すると親和性が高まり、書類通過率アップが期待できます。

  2. 2

    実績は数字を用いて客観的にわかるように

    営業職にとって、実績のアピールは非常に大切です。ただ売上げ実績のみを記載するのではなく、「客観的にわかりやすく」記載しましょう。「目標の達成率」「社内順位」「昨対比」など、社外の方が見ても実績の価値が伝わるよう工夫しましょう。

  3. 3

    自己PRは応募企業に合わせてアレンジ

    自己PRは、志向性や今後のキャリアなど、未来について書ける部分です。未経験の分野でも「こんなチャレンジをしたい」「こんなスキルをつけたい」など、応募企業に応じてアレンジすることで、経験以外の部分で親和性を感じてもらえる職務経歴書になります。

職務経歴書

20××年×月×日 現在
氏名 ○○ ○○

■職務経歴 概略

職務経歴・要約は端的にわかりやすく

職務経歴・要約は人事が最初に見るポイントです。そのため「どのような経験をしているか」を、「何を」「どこに」「どのように」をキーワードに記載しましょう。応募する求人の職務内容を踏まえて記載すると親和性が高まり、書類通過率アップが期待できます。

・大学卒業後、20××年4月に株式会社○○に入社。保険商品の営業職として、官公庁における組合や組合員への商品推進活動を行っております。
お客様によって環境は様々である為、臨機応変に対応することで次のアポイントをいただき、新規加入者の増加につなげることができました。


■職務経歴

□20××年×月~現在   株式会社○○  業種:各種生命保険の引受・保全、資産の運用など
*資本金:○○百万円   *従業員数:○○人   *年収:○○万円


【所属】 東京支社 東京第一営業所  【役職】メンバー
【営業先】 官公庁における組合、組合員
【営業スタイル】新規80%/既存20% 【担当商材】各種保険商品
【担当業務】 職場訪問や街中でのお声がけ、アンケート依頼・保険勧誘及び一般家庭への電話勧誘営業、アフターフォロー
【実績】
・20××年:予算××万円、予算達成率××% (内年間新規契約率××%or新規契約件数)
・2年目からは後輩の指導係として営業同行を行っています。
【ポイント】
顧客がお忙しい中での面談が多いため、面談効率を上げられるように意識し、端的で簡潔な商品提案を行うことで、契約件数を引き上げることが出来ました。結果的に、分かりやすい説明ができることが顧客との信頼関係構築につながり、営業メンバー○名中トップ3位という成績を収めることができました。

■活かせる知識・経験・技術

実績は数字を用いて客観的にわかるように

営業職にとって、実績のアピールは非常に大切です。ただ売上げ実績のみを記載するのではなく、「客観的にわかりやすく」記載しましょう。「目標の達成率」「社内順位」「昨対比」など、社外の方が見ても実績の価値が伝わるよう工夫しましょう。

・保険商品を通した、顧客のライフプランにおけるアドバイス・提案
・後輩指導を通して学んだ、教育スキル

■保有資格

・20××年×月  FP2級
・20××年×月 生命保険募集人
・20××年×月 損害保険募集人

■自己PR

株式会社○○に入社し、短い期間ではありますが、私が営業として常に心がけてきたことは2点あります。

1. 事前準備を徹底する
私は担当企業以外にも、新規で自分から多くのお客様にお声をかけて保険の提案をさせていただきました。まだ若く、知識も浅い私は、常に資料を持ち歩き、質問を受けた際にすぐに対応し、お客様に有益な情報提供をすることで感謝の言葉を多くいただきました。
2. 努力を怠らないこと
担当企業へ訪問をする際、顔を覚えていただくために、毎日かかさず様々な営業先に訪問し、笑顔で接していました。また資格取得の勉強はもちろんのこと、日々のロールプレイングや上司とのミーティングも自ら積極的に取り組み、努力を重ねてきました。毎日決められたこと・自分自身で決めたことはきちんとやり抜きました。  

上記の経験を活かしつつ、少しでも貴社に貢献できればと思っております。ぜひ、面接の機会を頂けますようよろしくお願い致します。

自己PRは応募企業に合わせてアレンジ

自己PRは、志向性や今後のキャリアなど、未来について書ける部分です。未経験の分野でも「こんなチャレンジをしたい」「こんなスキルをつけたい」など、応募企業に応じてアレンジすることで、経験以外の部分で親和性を感じてもらえる職務経歴書になります。

閉じる

ページトップへ