弁護士・法律事務所の職務経歴書サンプル

株式会社MS-Japan 佐野 めぐみ この職務経歴書のアドバイザーは 株式会社MS-Japan 佐野 めぐみ さん

■応募先の進路に合わせたご経験をメインに記入しましょう
 →企業を希望の場合は、民事、刑事系のご経験よりも企業法務のご経験を中心に記載
 →法律事務所を希望の場合は、応募先の事務所やポジションの応募要件に応じた経験を中心にアピール

■キャリアチェンジの場合は、理由を明確にすると良いでしょう

■どれだけの法的業務を積んできているか(どれだけ場数を踏んでいるか)、どの法的分野に精通しているか記入しましょう

■TOEICの点数だけではなく法務業務上での英語力はどのくらいか(契約書チェックができるか、ビジネス英会話ができるか、海外弁護士と英語で折衝ができるか)を記入すると良いでしょう

弁護士・法律事務所の職務経歴書3つのポイント

  1. 1

    その後文章を読みたいと思ってもらえる要約を!

    職務経歴の詳細はわかりやすさが重要です!自身の経験を端的に表現するキーワードやキーフレーズを意識した記載を心がけましょう。担当されてきたクライアントや法務業務を棚卸しした上で、記載すべき項目を取捨選択しましょう。

  2. 2

    職務経歴の詳細はわかりやすさが重要です!

    企業の担当者にとって応募者の即戦力性を把握する重要な項目です。伝えられる範囲で、契約やクレーム・訴訟対応等の経験業務を種別・テーマごとに盛り込みます。また、ドラフト作成○件のように、業務のボリュームや実績は具体的な数字を示すと有効的です。

  3. 3

    応募企業に何をPRする必要があるか把握しましょう!

    国際法務の豊富な経験者を求めている企業や契約法務の正確な処理能力を求めている企業、高いマネジメント力を期待している企業…等々。知識だけでなく、ニーズに沿った自身の強みをアピールしましょう。
    より強化を図りたい分野や目標なども書いてください。

職務経歴書

20××年×月×日 現在
氏名 ○○ ○○

■職務経歴 要約

法律事務所にて大手企業を中心とした企業法務案件を中心に携わってまいりました。メーカー、専門商社からITまで幅広い業界の各種契約業務に対応することが可能です。契約関連業務以外にも、会社法対応(株主総会・株式管理業務等)やM&A案件の対応、国際取引等の渉外対応など、企業法務に関しては幅広い経験があります。

大手メーカーへの出向経験もあるため、インハウスとしての業務も理解しております。今後は米国ロースクールに留学した経験等を活かし、国際法務の領域で企業経営のお役に立てる存在になりたいと考えています。

その後文章を読みたいと思ってもらえる要約を!

職務経歴の詳細はわかりやすさが重要です!自身の経験を端的に表現するキーワードやキーフレーズを意識した記載を心がけましょう。担当されてきたクライアントや法務業務を棚卸しした上で、記載すべき項目を取捨選択しましょう。

■職務経歴 詳細

  • □20××年×月~現在
  • 株式会社○○/○○弁護士事務所
  • 業種:弁護士
  • *資本金:○○百万円
  • *従業員数:○○人
  • *年収:○○万円

●●年●月:アソシエイトとして入所
●●年●月:シニアアソシエイトに昇格

職務経歴の詳細はわかりやすさが重要です!

企業の担当者にとって応募者の即戦力性を把握する重要な項目です。伝えられる範囲で、契約やクレーム・訴訟対応等の経験業務を種別・テーマごとに盛り込みます。また、ドラフト作成○件のように、業務のボリュームや実績は具体的な数字を示すと有効的です。

【ジェネラルコーポレート】

■契約法務

・契約書のレビュー、ドラフティング(年間●件 / 和文:英文=●:●)
取引基本契約書、代理店契約書、投資契約書、ライセンス契約書、業務委託契約書 等
・社内規定の作成

■商事法務
・株主総会、取締役会の準備・運営
・海外子会社設立(中国・米国)、国内グループ子会社の再編
 ※法務課長の補佐役として、上記業務に携わりました。

■コンプライアンス
・法令順守マニュアルの作成
・社内コンプライアンス教育講師(○○法、○○法 等)
 ※社内研修講師は年に一度、15の拠点及び事業部を回って主担当として実施しました

応募企業に何をPRする必要があるか把握しましょう!

国際法務の豊富な経験者を求めている企業や契約法務の正確な処理能力を求めている企業、高いマネジメント力を期待している企業…等々。知識だけでなく、ニーズに沿った自身の強みをアピールしましょう。 より強化を図りたい分野や目標なども書いてください。

【戦略法務】
■M&A
・国内子会社買収時におけるデューディリジェンス
※業界:○○ 資本金:○○ 社員数:○○ 等
・業務提携、事業譲渡に関する契約交渉・締結

【労働法】
・就業規則の作成
・解雇・退職勧奨等に関する相談

【知財】
・技術のライセンス契約における契約書の作成、交渉
※特許の権利化業務は、法務部ではなく別途知財部が扱っていました。

【その他の経験】
大手メーカーへ出向(○○年○○月~○○年○○月)
海外法律事務所へ出向(○○年○○月~○○年○○月)

■生かせる知識・経験・技術

・TOEIC850点:○月○日
 クライアントに外資系企業を抱えており、グローバル展開を図る日系大手企業の渉外案件に携わっていた為、現地との交渉や英文契約のレビュー等は問題ございません。今後も英語力を向上させる意思があります。

■保有資格

  • 弁護士(第○○期司法修習)  : ○年○月登録(○○弁護士会)

■自己PR

国内外の個人事件から企業法務まで様々な法律実務経験を積んでまいりました。新たな分野に取り組むたびに、直面する課題をより深く把握しようと、クライアントと密に連携を図ることやコツコツと法律的な評価・判断を行うのに必要な情報を整理し、最善の手段を実行することで多様な法律問題を解決してまいりました。
また、海外事務所への出向経験があり、グローバル展開を図る日系大手企業の渉外案件に携わっていた為、現地との交渉や英文契約のレビュー等は問題なく、今後も英語力を向上させる意思がございます。常にフットワーク軽く行動することを心懸け、社内外の関係者と協調しながら、日常的な法律業務のみでなく、M&Aや海外進出支援といった戦略法務等にも従事していきたいと考えております。 

ページトップへ