ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

シゴト相談室

職務経験が2年未満。書類選考すら通過しない・・・

職務経験が2年未満。書類選考すら通過しない・・・

職務経験が2年未満。書類選考すら通過しない・・・(ケンジン、32歳、大学院留学中)

私は、現在ニューヨークの大学院で経営学を学んでおり、経営学では金融と情報システムのダブルメジャーです。大学院修了後は、金融業界でIT金融システムの開発と運用をしたいと考えています。

大学院で学び直している理由は、以前就業していたとき、事業計画に関する知識と経営管理のための能力が足りないことに気付いたからです。そこで、米国の大学院でMBAを取得することで、実践的な経営学を学びたいと思い留学しました。

現在32歳になりますが、就業経験は2年未満のITシステムのみです。語学は日本語と中国語、英語の3カ国語を話せますが、転職活動では書類選考すら通りません。自分では年齢と仕事経験の短さが理由だと考えています。不況の中、私はどのように転職活動をしたらいいですか?

職務経験の短さを補える、アピールポイントを探してみては? 応募書類は「見やすさ」と「内容のバランス」がカギ

32歳で就業経験が2年未満ですと、転職に際して、大きなハンディになることは間違いありません。32歳というのは、大卒者であれば10年前後の社会人経験がある年齢ですので、2年未満というのは非常に短く、採用する側も不安になるのだと思います。

しかし、ケンジンさんはこれまで仕事以外にいろいろな経験を積まれてきたのではありませんか。いただいた文章からは判断できませんが、20歳代で何かを学んだり、職務以外のボランティアのような取り組みをされたり、何か特別な経験は持っていませんか。職務経験が少ないのであれば、それを補えるアピールポイントを探してみましょう。

また現在、大学院で学ばれているとのことですが、どのように転職活動をしていますか? 通常、米国の大学・大学院であれば、インターンシップの機会や企業を集めての説明会、担当教授からの推薦など、通常の書類選考を省いての面接の機会があるはずです。私もニューヨーク大学在学中には、数々のキャリアフェアなどに参加して、就職先を見つけることができました。このような作業はとても地味で、なかなか結果が伴わないときは、焦りがありました。しかし、今になって当時を振り返ると、キャリアフェアなどに参加して就職先を探すことはとても有効です。ケンジンさんもぜひフェアなどに参加するなど、前向きに転職活動をしていただければと思います。

一方で、企業に直接アプローチして、引き続き書類選考を受けていくことも必要です。そこで、より通過しやすい書類とはどのようなものかを説明します。

まず応募書類を作る際に気をつけることは、「見やすさ」と「内容のバランス」です。企業の規模にもよりますが、人気のある企業には、毎日のように応募書類が届きます。そのような状況で、読みにくい書類は結果的に読んでもらえません。

レイアウトやフォント、太文字やアンダーラインなどの使い方をうまく工夫して、採用担当者が読みやすい書類を作りましょう。全体的に同じフォント、同じサイズの文字で書かれている書類はとても読みにくいのですが、そんな書類を作成している転職希望者は、とても多いようです。

また、書類の中にできる限りの情報を詰め込み、アピールしようとして失敗する人がいます。あまりにも文字数が多すぎると読みにくく、本当にアピールするべきポイントがぼやけてしまいます。そのような点を踏まえ、読みやすい書類作りを目指しましょう。

次に内容のバランスです。採用担当者が知りたい内容を伝えるということを前提に書類を作成してください。例えば、IT関連の職種に応募しているのに、社会保険労務士の資格をアピールしても全く無意味です。採用側が知りたいことを予測し、その人が満足できるような内容を書かなければなりません。各企業で候補者に求めるものはそれぞれ異なりますので、本当に書類選考の通過率を高めていきたいのであれば、応募する企業ごとに書類の手直しをする必要があります。

書類選考通過のカギは、採用担当者にとって読みやすいレイアウトを心がけ、彼らが知りたいと思う情報を提供することです。書類作成は非常に手間がかかりますが、ぜひ頑張ってみてください。

最後にもう一点、米国ではレジュメの構成をプロに依頼する人も多いと聞きます。金融機関で働く私の友人たちの多くも、プロに頼んで素晴らしい書類を用意しています。日本ではまだ、レジュメ作成をプロに頼む人は多くありませんが、私個人としては今後の行方に注目しています。