エージェント徹底活用マニュアル

自分に合ったエージェントを選ぶには


人材紹介会社にはそれぞれ得意分野がある

 人材紹介会社を利用したくても、どこの人材紹介会社を利用したらよいのか迷うことが多いだろう。ここでは、自分に合った人材紹介会社を選ぶためのポイントを紹介する。

 まずは、人材紹介会社の得意分野を見抜くことだ。第1章で述べたように、人材紹介会社の中で圧倒的に多いのは、エンジニアやIT、金融など特定の分野に強みを持つ小規模な人材紹介会社である。自分の今いる業種やこれから目指す職種に強い人材紹介会社に登録すれば、希望に合った転職先が見つけやすいし、ステップアップするための具体的なアドバイスも受けられる。反対に、職務経験が乏しく、キャリアの方向性が定まっていないような人は、まずは規模の大きな人材紹介会社に登録し、可能性を探ってみるのがいいだろう。



人材紹介会社の得意分野
厚生労働省「平成16年度職業紹介事業報告」

コンサルタントとの相性が 転職の成功を左右する

 コンサルタントとの相性も人材紹介会社を見極めるうえでの重要なポイントである。転職を考えるきっかけはさまざまで、家庭の事情や経済的な問題をコンサルタントに相談しなければ、理想的な転職先が探せないこともあるだろう。それだけに、胸襟を開いてつきあえるコンサルタントとの出会いは、求職者にとって大きな力となる。

 コンサルタントの役割は人材紹介会社によって少しずつ違う。1人のコンサルタントが専任で採用まで面倒を見るところもあれば、最初の面談は当番制で、応募する企業が決まった段階で、その企業を担当するコンサルタントが引き継ぐところもある。また、面談についても、希望者全員と面談する人材紹介会社もあれば、紹介できる求人が出た段階で面談を行うところもある。

 さらにいえば、コンサルタントの資質にも個人差がある。コンサルタントは、マッチングに必要な知識やスキルの基礎は学んでいるが、求職者にとって最適な求人を提案できるかどうかは、各コンサルタントの経験と能力に負うところが大きい。

 転職支援サイトでは、コンサルタントのプロフィールなどを顔写真とともに紹介しているものもある。こうした情報を参考に、相性の問題は自分で判断するほかない。インターネットでの登録が一般的になった今では、複数の紹介会社に登録している求職者がほとんど。規模や得意分野などさまざまなタイプの人材紹介会社を組み合わせて複数登録し、コンタクトをとってみて、自分との相性を見極めてほしい。

転職はリスクを伴う行為 専門家のアドバイスは必要

 人材紹介会社に登録したからといって、個人で転職活動をしてはいけないかというと、決してそうではない。自分でも求人誌や新聞の求人欄などをチェックして、多角的に情報を分析することはやっておいたほうがいい。 そうはいっても、自分ひとりの判断で転職することのリスクは大きい。コンサルタントは転職の成功例、失敗例を数多く見ている転職の専門家であり、彼らのコンサルテーションは、今後のステップアップをより確実なものにしてくれるだろう。求人企業について詳しく知った上で応募できることのメリットも大きい。転職するのはあくまで自分自身ということを忘れずに、バランスよく人材紹介会社を活用すれば、きっと良い結果が得られるだろう。


ページトップへ