エージェント徹底活用マニュアル

コンサルタントに聞く上手なエージェントとの付き合い方

スカウトメール殺到し勘違いする求職者も


 今や人材紹介会社に登録する人の約8割は、インターネット経由での登録なのだという。従来、人材紹介会社は、人脈など独自のルートで求職者を確保していたが、転職支援サイトが登場してからは、求職者の確保を転職支援サイトに依存するようになった。その結果、転職支援サイトに登録している求職者を何百社もの人材紹介会社が共有することとなり、人材紹介会社間での登録者の奪い合いが激しくなっている。転職支援サイトは、同サイトの登録者にメールで直接連絡することのできる機能(スカウトメール機能)を提供しており、「転職支援サイトの登録者の中から、案件に適合する求職者を少しでも早く見つけ、訴求力のあるスカウトメールを出すことが優先事項となっている」と、技術職に強い人材紹介会社、ハイテクジャパン社長の吉坂純一氏は語る。


 売れ筋のスキルを身に付けている人には、複数の人材紹介会社からスカウトメールが殺到する。求職者はアプローチのあった人材紹介会社の中から好みの人材紹介会社を選べるため、求職者の人材紹介会社を見る眼がシビアになっている。その一方で、自分の市場価値を実力以上に過大評価し、ひとりよがりにおちいってしまう求職者もいるようだ。そういう人は、コンサルタントに対して、「会ってやる」といった態度をあからさまに取るようになり、しまいにはどの人材紹介会社からも相手にされなくなってしまうのだという。


 求職者とコンサルタントとのやりとりは電子メールが主体。対面や電話では言いにくいこともメールなら言いやすく、お互いのフィードバックに生かせる半面、信頼関係を断ち切るのも容易だ。  「コンサルタントと信頼関係を築けなければ、人材紹介会社を利用してもただの情報収集に終わってしまう」(吉坂氏)。メール1つでも、自分の意志の発信と考え、誠意を持って対応したい。



ページトップへ