ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

腕利きのトップエージェントに聞く

NIKKEI HUMAN RESOURCES AGENRT AWARDS 2018 受賞者に聞く!エージェントの上手な活用のコツと転職市場の展望

NIKKEI HUMAN RESOURCES AGENRT AWARDS 2018 受賞者に聞く!エージェントの上手な活用のコツと転職市場の展望

日ごろエージェントを利用している方であっても、エージェントが日々、どのようなスタンスで業務に臨んでいるのかを聞く機会はなかなかないと思います。これからエージェントを利用しようとしている方やエージェントの利用を躊躇している方にも参考にしてもらえるよう、腕利きのトップエージェントにエージェントの上手な活用法、印象的な転職事例、今後の転職市場の見通しや展望などについて伺いました。

※トップエージェント=日経キャリアNETエージェントサーチ参画のエージェントのなかで2018年に最も活躍したエージェントに贈られる最優秀賞、ならびに転職支援決定数および転職者満足度が特に高かったエージェント・企業に贈られる優秀賞・企業特別賞の授賞者。

大森 崇様 写真

リネアコンサルティング株式会社
大森 崇様

事業所情報

 大手人材系企業でのキャリアや、コンサルティングファームでの採用責任者経験を生かし、2008年にリネアコンサルティングを起業しました。コンサルタント、経営、人事、経理、ITなど専門性の高い職種を中心に、多くの企業の人材パートナーとして採用や経営を支援しています。
 私からお勧めしたいエージェント活用のポイントは大きく二つ。一つは、固定概念にとらわれず転職にかける思いを、そのまま私たちにぶつけてもらいたいということ。キーワードで検索し、ボタンを押して出てくるような答えを当社は出しません。思いやビジョンが具現化されていないときにこそ、ぜひともエージェントを使っていただきたいと思います。
 もう一つは、セカンドオピニオンとして活用してもらいたいということ。エージェントも人間ですので、相性や得手不得手があります。オファーがあった後でも構いません。複数の意見に触れてから、最善と思われる判断をしていただきたいと思います。
 今後の景気は不透明であり、1~2年のうちにリーマンショック並みの不景気が訪れると予測する専門家もいます。不景気になれば事業売却やコスト削減などディフェンシブな動きが増え、守りの案件が増えてくるでしょう。またロボティック・プロセス・オートメーションが進むと、より効率的な経営が求められるようになるでしょう。
 私はエージェントの真価は不景気なときにこそ、問われるものだと思います。それまでに業界全体で利用できる共通のプラットフォームを作っておきたいと思います。そして苦しい時代が訪れたときにこそ、求職者の方のキャリア形成を力強くサポートしていきたいとも思います。

大城 隆久様 写真

株式会社コトラ
大城 隆久様

事業所情報

 大手保険会社にて営業、営業企画・教育・管理業務に従事したのち、人材業界へ転身しました。現在、不動産金融業界を担当しています。
 エージェントの活用方法として推奨したいのは、まずは幅広くアクセスして、ご自身のスキルやご希望、発言の意図をしっかり理解してくれる、相性の良いエージェントを見つけていただきたいということ。また、そういったエージェントが見つかったら、密にコミュニケーションをとっていただきたいということです。
 履歴書に記載されるような文字情報だけでは、転職希望の方の真の思いは伝わってきません。求人票に記載のない詳細な内容をエージェントがつかんでいる場合が多く、転職希望の方の真の思いが理解できていればこそ、より有益な情報が提供しやすくなります。
 最近の事例で、同一職種での転職を希望する資金管理の専門的な経験のある方に、通常は資金調達経験のある方しか募集しない企業をご紹介し、採用に至ったことがありました。こういったケースも十分にあり得ますので、ぜひとも相性の良いエージェントを見つけていただきたいですね。
 不動産金融業界の先行きは不透明です。私はここ2~3年、リーマンショックほどではないにしても、マーケットに大きな変化があるかもしれないと警戒しつつ過ごしています。国際的イベント前の活況なホテル建設が今後も続くのか、グローバルな金融マーケットに大きな変化が生じないか、不確定要素が多くあります。
 今後の活動のポイントとして重要となるのは、変化の潮目をしっかり読み取り、世情にマッチした最良のアクションを起こすことだと思います。そのための的確なアドバイスができるよう、私も敏感に経済の状況を注視して参ります。

柳生 一様 写真

株式会社コトラ
柳生 一様

事業所情報

 前職では、東証1部上場の独立系ノンバンクで不動産融資やサービサー業務に従事していました。現在は実務で得た不動産金融の知見を生かし、不動産、不動産金融、ノンバンクといった業界を主に担当しています。
 エージェント活用のアドバイスとしてお勧めしたいのは、ご自身の希望はもちろん、強みや弱み、目指したいキャリアや働き方など、ざっくばらんに話していただきたいということです。情報が多いほどより多くの提案が行えますし、何より互いに親近感も湧いてくるため支援にも力が入ります。個人的にはぜひ、気軽にコンタクトしていただきたいですね。
 最近の例として、ある企業に応募して採用には至らなかったキャンディデートの方が、その後に募集した別ポジションに応募して内定に至ったケースがありました。状況は時々刻々と変化します。ベストなタイミングを逃さないためにも、ご希望はこまめにアップデートしていただきたいと思います。
 金融や不動産の業界においては、クラウドファンディングや不動産テックなど新たなサービスの広がりが加速しています。これまで求められていたものとは異なるスキルを持つ方に活躍のチャンスが広がり、ご本人様が気付いていない企業からのニーズも高まっています。エージェントとしては、キャンディデートの皆様により多くの選択肢を提案するチャンスであり、腕の見せどころだと考えています。ご縁のあった方に最適な活躍の場をご提供できるよう、私も日々勉強して参ります。

高橋 澄様 写真

株式会社人材情報センター
高橋 澄様

事業所情報

 メーカーでバックオフィス業務を広く経験したのち、人材業界へ転身しました。「求職者のキャリアを一緒に考える紹介」をポリシーに、北陸三県のシニア層を中心とした求職者をサポートしています。
 東京や大阪と同様、地方都市でも求人数は増加傾向にありますが、シニア層には変わらず厳しい状況が続いています。大都市に比べて選択肢が少ないため、「前職の経験を生かし、横滑りで同職種へ転職する」ことが実現しにくいのです。
 そういった際に私がお勧めしているのが、経歴と職歴の棚卸しです。職種にこだわらず学生時代にまで遡って、どんなことを学んだのか、どんな業界・分野に強いのか。またサブで担当していた仕事はあるか、これからチャレンジしたいことは何か。さらにはその人の人生観までトータルに伺って、広い視野で職種や職場をご紹介しています。
 最近の例としては、メガバンクでシステム開発を担当していた50代のUターン希望者を、土木学科出身の学歴を生かして中堅ゼネコンにご紹介したことがありました。ご本人の高い意欲もあり、新しい職場で前向きにチャレンジされています。こういった転職希望者がなかなか気付けないキャリアパスを、企業や業界のニーズを考慮しながら幅広くご提案できることが、私たちの強みだと思います。
 UIターン希望者は年々増加し、これからも増えることが予想されます。さらに少子高齢化が進み、企業における人材不足もますます深刻になるでしょう。そうした中で、双方の課題を解決できるベストな提案を、これからも行っていきたいと思います。

溝口 新平様 写真

株式会社TOHOKI
溝口 新平様

事業所情報

 中国でのビジネス経験を生かし、株式会社TOHOKIを創業。「中国ビジネス」をキーワードに、「日本企業の中国ビジネスにおける求人」と「中国企業の日本進出における求人」を専門的に支援し、転職を希望される皆様をサポートしています。
 現在は中国企業の日本進出が活況です。一昔前は中国関連の求人といえば、日本企業の中国進出のための通訳や翻訳、工場マネージャーといった職種がメインでした。
 その様相は大きく変わり、日本企業における中国市場開拓のチームづくり、または中国企業における日本市場開拓のチームづくりのメンバーを募集することが多くなっています。それに伴って求められるキャリアやスキルも変化してきており、語学力よりもこれまでの実績が重要視されるようになっています。
 そういった中で、エージェントのより良い活用方法として皆様にお勧めしたいのは、自身の強みを正しく理解してエージェントに伝えることと、定期的にエージェントと連絡を取り合うこと、そしてクイックレスポンスです。
 求人にはベストなタイミングがあります。企業に紹介するために必要な情報を、迅速に提供していただければいただけるほど成功率が上がります。ただ職場を変えて年収を上げるだけでなく、より充実した人生を送るためのお手伝いをさせていただくのが、私のミッションだと思っています。
 転職という人生の転機に、これからも皆様の「こうしたい」「こうありたい」を精いっぱいサポートさせていただきます。

山崎 雅永 様 写真

株式会社グローバルリーフ
山崎 雅永様

事業所情報

 外国人留学生との交流がヒントとなり、国内のMBAを取得したあと、グローバルリーフを起業しました。アジア系を中心としたグローバル人材に向けて、貿易事務、翻訳、通訳、海外マーケティング、海外営業といった仕事をご紹介しています。
 エージェントの有効な活用方法として、ターゲットとしている業界や分野に強いエージェントを複数見つけ、情報収集することをお勧めしています。エージェントは求人票の内容よりも詳細な情報を持っていることが多く、そういった情報をつかむことで、より効率的に希望にマッチした転職が行えるようになるからです。
 また信頼のおけるエージェントを見つけられたら、長くお付き合いすることをお勧めします。実際に私が支援した方には、2014年に登録して2018年に転職を実現した方がいらっしゃいました。
 オーストラリアの方でしたが、もともと翻訳の仕事に就きたいというご希望があり、そのためのプロセスをアドバイスさせていただいたのち、ご本人の努力とタイミングによって4年越しで思いを達成されました。ベストな転職を実現するためには、ときには年数が必要となります。そういったときに支えとなる、相性の良いエージェントをぜひ見つけていただきたいと思います。
 国際的なスポーツイベントの開催に向けて、グローバル人材の活躍のフィールドはますます広がるでしょう。合わせて、これからは語学プラスアルファの条件が求められるようになるでしょう。
 ぜひ皆さんならではの、転職でアドバンテージとなるスキルを磨いていただきたいと思います。

株式会社コトラ様 写真

株式会社コトラ様

事業所情報

 コトラは金融やコンサルティング、IT、事業会社の経営層を中心としたプロフェッショナル、スペシャリストの転職サポートをメインに行っています。キャリアコンサルタントも業界や仕事内容を熟知したメンバーがそろい、キャンディデートの皆様と二人三脚で転職の成功を目指しています。
 世の中には大量の求人情報があふれ、その中から必要な情報を取捨選択するのは難しいものです。転職を検討している方の専門性を熟知している我々だからこそ、同一業界内でのよりキャリアアップするための情報に加え、業界をまたいで活躍の可能性を広げる情報をお伝えすることができます。
 最近の傾向として、業界に関係なく頻繁に挙がるキーワードが「デジタル」です。特に金融やコンサル、ITの業界でニーズが高まっています。とはいえ、一言に「デジタル」でもそれぞれに特徴があります。キャンディデートの皆様やクライアント企業様の細かな情報をコンサルタント同士でシェアしながら、皆様それぞれにより適切かつ有益な情報をご提供できるよう心がけています。
 また転職マーケットは景気に左右されると言われますが、少子高齢化が進む現在において人材不足は半恒久的な課題です。加えて業界のボーダレス化や新しい産業の創出により、それまでにない企業・業界で人材のニーズが出ています。
 お一人での活動よりも、我々と二人三脚で活動することにより、視野を広げられる情報をご提供できると確信しています。キャンディデートの皆様には、目の前の業務に全力で取り組みつつも、チャンスを逃さないよう、ご興味のある求人があったときにはぜひ、思い切って行動を起こしていただきたいと思います。コトラも全力でサポートいたします。

AGENT AWARDS 2017