ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

腕利きのトップエージェントに聞く

NIKKEI HUMAN RESOURCES Agent Awards 2017 受賞者に聞く!エージェントの上手な活用のコツと転職市場の展望

NIKKEI HUMAN RESOURCES Agent Awards 2017 受賞者に聞く!エージェントの上手な活用のコツと転職市場の展望

日ごろエージェントを利用している方であっても、エージェントが日々、どのようなスタンスで業務に臨んでいるのかを聞く機会はなかなかないと思います。これからエージェントを利用しようとしている方やエージェントの利用を躊躇している方にも参考にしてもらえるよう、腕利きのトップエージェントにエージェントの上手な活用法、印象的な転職事例、今後の転職市場の見通しや展望などについて伺いました。

※トップエージェント=日経キャリアNETエージェントサーチ参画のエージェントのなかで2017年に最も活躍したエージェントに贈られる最優秀賞、ならびに転職支援決定数および転職者満足度が特に高かったエージェント・企業に贈られる優秀賞・企業特別賞の授賞者。

井邑 豊彦氏 写真

株式会社コトラ
井邑 豊彦様

事業所情報

 所属しているコトラでは、コンサルティング、IT、金融、投資ファンド、商社と幅広い業界をカバーしていますが、私は業界にこだわらず、「リスク&ガバナンス」や「ミドル・バック」といったポジションを中心に活動を行っています。おつき合いさせていただいているクライアント様、そしてキャンディデートの方々は、皆、高いプロフェッショナル志向をお持ちでいらっしゃいます。その中であえて私からアドバイスさせていただくとするならば、心に余裕を持つためにも、なるべく在職中にアクションを起こしていただきたいということです。そして、「この人になら自分の重要な人生の選択を託してもいい」と思えるようなエージェントに出会えたら、なるべくご自身の情報をオープンに伝えて、ある程度任せてもらいたいということです。エージェントにも相性があります。ぜひ、複数のエージェントにアプローチをかけて、自分に合った転職活動のパートナーを見つけていただきたいと思います。
 私が強みとしている「リスク&ガバナンス」や「ミドル・バック」は時代や景気に関係なく必ず必要なポジションであり、安定してニーズがあります。それでもやはり好景気で企業の積極採用が続いていますので、チャンスを感じたらぜひ前向きに動いてみることをお勧めします。

大森 崇様氏 写真

リネアコンサルティング株式会社
大森 崇様

事業所情報

 IT系コンサルティングファームに勤めていた経験を生かし、コンサル業界とIT業界に向けた転職サポートをメーンに行っています。
 私からアドバイスさせていただきたいのは、無謀だと思われることでもどんどん本音をぶつけていただきたいということです。私たちは、求職者の皆さんとお会いするときは、「ゼロベース思考でモノを考える」ことを大切にしています。たとえば金融系のIT部門で活躍されていた方は、金融系のIT部門しか将来の選択肢はないと考えられがちです。私たちエージェントにも金融系のIT部門を前提にご相談されてくることが多いのですが、よくよく伺ってみると、本音は違った分野をご希望されていることもあります。そして、これまで手がけられたプロジェクトを事細かに伺うことで、その分野での活躍の可能性が見えてくることもあります。求人票に書かれてある表面的な情報だけでは分からない可能性を発掘させていただくのが、私たちエージェントのミッションだと考えています。
 売り手市場が続き、コンサル業界もIT業界も変わらずニーズは高まっています。ただ、変化のスピードが早い業界であるため、2、3年後も変わらずとは言い切れません。転職の希望をお持ちの方は、早めにアクションを起こすことをお勧めします。

吉松 毅氏 写真

株式会社クロスインフィニティ・マネジメント
吉松 毅様

事業所情報

 当社は経理財務、人事総務、法務、経営企画といった管理部門の紹介が強みですが、私は前職で役員を務めていたこともありマネジメント経験を生かし、特にマネジメント層の支援を得意分野としています。
 私が求職者の方にお伝えしたいのは、仕事選びよりもエージェント選びを先行して行っていただきたいということです。求職者の方の多くが、まずは求人ありきでエージェントにアクセスされています。それが相性の良いエージェントであれば良いのですが、時にはご自身の希望する分野に強みを持たない場合もあります。それでは自身の可能性を狭めてしまう結果ともなりかねません。納得のいく転職を実現するために、エージェントの強み、特徴を調べ、実際に直接面談を行ったうえで、得意領域と希望職種に精通しているエージェントなのか感じていただきたいと思います。転職は人生の大きな転機になるわけですから、時間や労力はかかりますが、まずは信頼できるエージェント選びをしっかり行っていただくことが、転職成功の鍵となるといえるでしょう。
 管理部門の求人状況は相変わらず活況です。2017年の新規上場は90社。2018年は100社を超えると予想されています。上場に耐え得る体制を整備する管理部門のニーズはますます高まってくると思われます。引き続き、企業と良いご縁を結べる環境は続きそうです。

松本 安永氏 写真

アビリティデザイン株式会社
松本 安永様

事業所情報

 銀行、証券、損保、生保、ノンバンク、運用会社など金融業界全般と一部不動産業界をメーンに活動しています。転職は一生を左右する一大イベントです。その大事な節目に立ち会わせていただいていることを常に念頭において、求人案件および転職者のニーズの掘り起こしから、マッチング、内定、入社に至るまで一気通貫できめ細やかにサポートを行っています。
 最近では、エージェントとの接触を「電話だけで済ませたい」という方が増えてきました。しかし、私たちはあくまでも対面での対応を基本にしています。これまでの経験から、お会いしてみてご本人の魅力がよりはっきりしてくることが多いためです。求職者の方からも、私たちと直接会って話をしたことで新たな可能性が見えてきたというお言葉をよく頂戴します。お忙しいとは思いますが、ぜひ、エージェント選びが転職活動の始まりだと捉えて積極的に面談に臨んでいただきたいと思います。
 金融業界の人材景気はまだら模様です。その中で特徴的なのは、ゼロ金利対策の影響により事業領域を海外へ広げている日系金融機関が増えて、高い英語スキルを持った人材のニーズが高まっていることです。海外志向のある方は、まさに今が転職どきかもしれません。

高田 祥氏 写真

株式会社リーベル
高田 祥様

事業所情報

 自身のインフラエンジニアやセキュリティエンジニアの経験を生かして、インフラ・セキュリティ領域はもちろんIT業界全般の転職を支援しています。
 エージェントの上手な活用方法として皆さんにお伝えしたいのは、安易に応募をしてしまう前に、私自身も含めてエージェントをしっかり見極めていただきたいということです。求人ありき、転職ありきではなく、一緒にタッグを組んでご自身のキャリアを真剣に考えてくれる方と転職活動を進めていただきたいです。
 私自身は転職相談・サポートはもちろん、「求職者のキャリアに関する課題を解決する」ということに特に力を入れています。ですから企業情報に関しても、そのまま求人内容だけを伝えるのではなく、直接企業に足を運び、話を伺い、業務内容や風土も肌で感じ取って、メリットだけでなくデメリットも求職者にお伝えするように心がけています。
 IT業界における転職市場については活況ですが、決してハードルが下がっているわけではありません。「良い人がいたら採用する」というスタンスです。だからこそIT業界で何かしらの強みを持った方には活躍のフィールドが広がっているとも言えるのではないでしょうか。

株式会社コトラ様 写真

株式会社コトラ様

事業所情報

 当社は、金融やコンサルティング、ITなどの企業の経営人材を中心としたプロフェッショナル、スペシャリストの転職サポートをメインに行っています。キャリアコンサルタントも、業界や仕事内容を熟知したメンバーがそろっており、キャンディデートの皆様と二人三脚で転職の成功を目指しています。
 登録されている皆さんのほとんどが複数のエージェントを併用されていらっしゃると思いますが、ぜひその中で、信頼のおけるエージェントを見つけてもらいたいと思います。コンサルタントのプロフィールをチェックするのはもちろんのこと、本人が執筆した記事の内容や用語遣いにも注意してみてください。現場のキーマンとも対等に話ができるくらいのコンサルタントは、当然ならが深みが違うはずです。
 当社がカバーしている業界は、引き続き採用意欲が高く活況が続いています。中でも「フィンテック」や「ビッグデータ」に関連した新事業の立ち上げが業界に関係なく顕著に増えており、人材ニーズも高まっています。そういった分野はどの企業でもまだチャレンジ段階にありますので、たとえば経験が浅めの方やニーズのど真ん中ではない方であっても採用のチャンスは広がっています。気になる方はぜひ当社にご相談いただきたいと思います。

AGENT AWARDS 2017