ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ビジネススキル

ビジネススキルの記事です

ビジネススキル

  • ここらで3分、会話がコワイ 2020/05/14自分の生き方を改めて問う、「人生100年時代」 自分の生き方を改めて問う、「人生100年時代」 「人生100年時代」が叫ばれるようになり、私たちの働き方、そして生き方はどのようになっていくのでしょうか。一度きりの人生だけに、なるべく楽しい瞬間に出合いたいものですが、そのためには、一人ひとりができる最低限の努力などが必要不可欠になってくるともいえます。最終回となる今回は、テレビ番組「笑点」の司会者としても活躍した、桂歌丸さんの生き方を参考に考えていきます。
  • ここらで3分、会話がコワイ 2020/04/23一人ひとりに適した情報を届ける大事さは今も昔も同じ 一人ひとりに適した情報を届ける大事さは今も昔も同じ これからの時代は顧客データを生かして商品を薦めたり、製造したりする「パーソナライゼーション」が成長に不可欠と言われています。多様な個別のニーズに対応するのは大変なことですが、時代を振り返ってもそのようなサービスはいくつもありました。江戸時代の商いも同様で、成功の秘訣は今でいう「パーソナライゼーション」と変わりはなかったようです。
  • ここらで3分、会話がコワイ 2020/03/19所有するよりも必要なときに使うスタイルへ 所有するよりも必要なときに使うスタイルへ 一昔前の日本では、味噌がなくなれば、お隣さんにわけてもらうなどということが、当たり前のように行われていました。現代風にいえば、「シェアリング」といえるのでしょう。時は変わり、ヒト、モノ、カネなど、世の中は「シェアリング」が日常的になりつつあり、働き方改革に関連しても「ワークシェアリング」が注目されています。
  • ここらで3分、会話がコワイ 2020/02/20人材の確保に大きく影響しかねない仕事へのやりがい 人材の確保に大きく影響しかねない仕事へのやりがい 企業とって人材の確保は大きな課題の1つです。外国人人材の受け入れの整備なども進んでいますが、若手層を奪い合うだけでは解決にはつながりません。現有の人材、特に中核となる人材が離れていかないようにすることも重要です。魅力を感じる環境づくりに欠かせない要素はどのようなものか。落語の演目「花見小僧」「藪入り」「妾馬」などをヒントに考えてみます。
  • ここらで3分、会話がコワイ 2020/01/30今でいう小学校の頃から働き始めた江戸時代の定年とは??? 今でいう小学校の頃から働き始めた江戸時代の定年とは??? 平成時代から令和時代へと変わるなか、定年の引き上げが話題になっています。落語の舞台となる江戸時代は、今よりもずっと働く期間が長く、丁稚奉公から始めれば、それこそ小学校の年齢から働き続け、働けなくなったら止めるという状況でした。働き方改革が進む一方で、私たちの働く年月も長くなっていきそうな気配です。皆さんはどのようにお考えでしょうか。
  • ここらで3分、会話がコワイ 2019/12/12通年採用を先取り? 冬に仕事を探す人が多かった江戸時代 通年採用を先取り? 冬に仕事を探す人が多かった江戸時代 江戸時代には口入屋という、今でいうハローワークのようなところがあり、就職の際には重宝したといいます。武家に奉公しその後の良縁をも求める女性の求職者が多くあり、期間も長期から短期まで様々な需要があったようです。落語での登場機会が多い口入れ屋。江戸時代のお仕事事情はどのように落語で取り入れられているのでしょうか。
  • ここらで3分、会話がコワイ 2019/11/14学び直しで年収増? 自分のためになることを楽しく学ぶ時代 学び直しで年収増? 自分のためになることを楽しく学ぶ時代 いま、リカレント教育(社会人の学び直し)に取り組む人が増えつつあります。全国の大学でもリカレント教育を後押しする動きが広がっています。年齢を重ねても、学ぶ意欲があれば、新たな扉が開けるかもしれません。落語も学び直しに活用されていますが、今回は落語の演目から「学ぶこと」を学んでみます。
  • ここらで3分、会話がコワイ 2019/10/17やるべき仕事はきっちり終わらせて休むべき? やるべき仕事はきっちり終わらせて休むべき? 古典落語の時代に出てくる奉公人には、土日どころか盆と正月のほかに休みはなかったといいます。今の時代に照らし合わせたら、とんでもない話ですが、そんななかにあっても、休日に対してどんな考え方を持っていたのでしょうか。「花見小僧」という噺を基に、当時の休日感を探ってみましょう。
  • ここらで3分、会話がコワイ 2019/09/12江戸版「リモートワーク」に学ぶ、情報漏えい対策の基本 江戸版「リモートワーク」に学ぶ、情報漏えい対策の基本 先日の日本経済新聞に、会社から離れた場所で業務をこなす「リモートワーク」の記事が載っていました。在宅で勤務できるわけですから、社員にも出社の労力がかからず、また会社にとってもオフィスの効率化ができる点でメリットがあるようです。
  • ここらで3分、会話がコワイ 2019/08/08落語家も副業? 「人」として生きるために働く精神が大事 落語家も副業? 「人」として生きるために働く精神が大事 政府の音頭取りもあってか、さまざまな企業が副業を容認する時代になりました。日経キャリアNET「転職ニュース&コラム」のアンケートでも、副業をやってみたいという人が、登録会員の半数程度いるとの結果が出ています。人口減少に対応する手段として、今後、ますます副業は推奨されていくでしょう。
転職力&年収査定テスト 「5期連続営業黒字」の中堅・中小企業