ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

トレンド

トレンドについての記事です

トレンド

  • キャリアアドバイザーに聞く!今求められる人材とは? 2019/03/22「経理・人事・法務関連職」編 「経理・人事・法務関連職」編 社会の変化とともに従来の役割を超え、見えない利益に貢献する組織として存在意義が高まっている「経理」「人事」「法務」などの管理部門。管理部門の職種について、いま企業が必要とする人材はどのような経験やスキルが求められているのか。採用のトレンドを熟知する日経キャリアNETのキャリアアドバイザーが解説します。
  • 数字を読み解く 2019/03/07米中首脳会談で貿易戦争回避に期待 雇用は売り手が市場続く 米中首脳会談で貿易戦争回避に期待 雇用は売り手が市場続く 今回は日本経済研究センターが2月14日に公表した最新の短期経済予測の内容を中心に紹介します。 18年10-12月期の実質GDP(国内総生産)は、昨年夏に相次いだ自然災害の影響が出た7-9期の前期比▲0.7%(▲はマイナス)から前期比0.3%増とプラス成長に転じました。
  • 景気動向から転職市場を斬る 2019/02/21第10回2018年下半期 第10回2018年下半期  厚生労働省がこのほど発表した2018年12月の有効求人倍率(季節調整値)は、1.63倍で前月と同じ水準となった。新規求人倍率(同)は2.41倍で前月を0.01ポイント上回っている。12月の有効求人(同)は前月に比べ1.7%増となり、有効求職者数(同)も同様に1.7%増となっている。 こうした数値が示すように、市場での「人手不足」は終わりが見えず、再雇用ばかりでなく定年延長の検討に加えて、政府は12月に外国人労働者の受け入れ増を図るために「改正出入国管理法」を成立させている。
  • 数字を読み解く 2019/02/07転職を考える際の重要な指標に落とし穴 転職を考える際の重要な指標に落とし穴 このコラムを書くうえで、極めて重要な統計である毎月勤労統計が不適切な手法で調査、データが修正されていた問題が世間の注目を集めています。2018年1-11月の名目賃金の伸びは0.4ポイント下方修正になります。実質賃金の伸びはマイナスになる可能性が高いでしょう。また毎勤統計以外にも、経済状況を的確に把握するために重要な「基幹統計」のうち、約半数で何らかの問題が発生していたことが明らかになっています。
  • 転職市場を独自にウオッチ 2019/01/242019年のこれから 2019年のこれから 曲がりなりにも成長を続けてきた世界経済ですが、2019年度は経済成長が鈍化し、ブロック化が始まる年になる恐れが大きくなっています。
  • 数字を読み解く 2019/01/10輸出・インバウンド以外は厳しさが加速 輸出・インバウンド以外は厳しさが加速 今回は2018年12月に公表した日本経済研究センターの産業調査を紹介します。2030年に向けた日本では、少子高齢化、人口減少が続くため、内需にはほとんど期待できないでしょう。輸出・インバウンド消費といった外需依存が進むとみています。同時にAI(人工知能)やIoTを駆使し、多様なデータをどれだけ有効活用できるか、経済成長や競争力を左右する「データ経済」化が加速するでしょう。
  • 数字を読み解く 2018/12/0619年度も完全雇用状態、しかし賃金は上がらず 19年度も完全雇用状態、しかし賃金は上がらず 今回は日本経済研究センターが11月14日に公表した短期経済予測の内容を中心に紹介します。17年7-9月期の実質GDP(国内総生産)は、西日本豪雨や台風21号、北海道で発生した胆振東部地震といった自然災害によって生産活動や消費に大きな影響が出たことで、前期比0.3%減(11月14日公表の1次QE)のマイナス成長になりました。
  • 数字を読み解く 2018/11/08外国人労働者の大量受け入れ時代の幕開けへ 外国人労働者の大量受け入れ時代の幕開けへ 11月2日に政府は、外国人労働者の大量受け入れ、移民解禁へつながりかねない出入国管理法改正案を閣議決定しました。開会中の臨時国会で成立すると、2019年4月から製造業や農林水産業などで外国人労働者の受け入れが大幅に緩和されることになる見通しです。
  • 数字を読み解く 2018/10/11人手不足でも、省力化進まない中小・非製造業 人手不足でも、省力化進まない中小・非製造業 10月1、2日に日本銀行が公表した全国企業短期経済観測調査(短観)によると、企業規模にかかわらず、今後も人手不足が続き、深刻化すると企業が予測していることが明らかになっています。
  • 景気動向から転職市場を斬る 2018/09/20第9回2018年上半期 第9回2018年上半期 内閣府がこのほど発表した2018年4-6月の国内総生産(GDP)成長率(1次速報値)は、実質成長率0.5%(年率換算1.9%)となった。物価変動を織り込んだ名目GDP成長率は0.4%(同1.7%)となり、景気の好調がGDPでも鮮明となった。景気の好調さを背景に、多くの企業が好業績を享受する一方で、より一層“人手不足感”が強調されるようになってきた。
転職力&年収査定テスト グローバル力診断