ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

トレンド

トレンドについての記事です

トレンド

  • 数字を読み解く 2019/11/07英国が決める自国第一主義の帰趨 英国が決める自国第一主義の帰趨 英国で12月、総選挙が行われます。合意なき離脱が避けられるのか不透明な状況です。自国第一主義の背景には、デジタル化やグローバル化による製造業の雇用縮小があります。日本では英国や米国ほど自国第一主義の世論は盛り上がっていませんが、経済成長の実現にはデジタル化やグローバル化は不可欠。今後の日本は、どのような動きをしていくのでしょうか。
  • 数字を読み解く 2019/10/10短観が示す景気のピークアウト感 人手不足は変わらず 短観が示す景気のピークアウト感 人手不足は変わらず 日本銀行の短観9月調査には、製造業を中心に企業が景気の先行きが厳しいとみていることが表れています。景気が一変する可能性が高まっている状況ともいえるなか、専門家は雇用情勢が売り手市場から買い手市場に転換する日が、そう遠くないかもしれないとみる向きもあります。一体、今後はどうなっていくのでしょうか。
  • 数字を読み解く 2019/09/05景気後退が急速に進むリスク高まる 求人倍率に影響も 景気後退が急速に進むリスク高まる 求人倍率に影響も 米中の貿易摩擦をはじめ、世界経済が不確実性を増すなか、4~6月の実質GDPは3四半期連続でプラス成長になったものの、有効求人倍率など労働市場にどのような影響があるのか。日本経済研究センターの研究員が最新の短期経済予測を基に紹介します。
  • 景気動向から転職市場を斬る 2019/08/29第11回2019年上半期 第11回2019年上半期 厚生労働省がこのほど発表した2019年6月の有効求人倍率(季節調整値)は、1.61倍となり前月を0.01ポイント下回った。新規求人倍率(同)は2.36倍と前月に比べ0.07ポイント下回る結果となった。米中貿易摩擦の行方や過去最悪と言われる日韓関係など、国内景気に影響を与える問題が取り沙汰されているものの、少なくとも現段階では「人手不足感の解消」はほど遠いというのが数値からもみて取れる。
  • 数字を読み解く 2019/08/08すでに景気後退しブロック経済の恐れ 雇用情勢も一変の可能性 すでに景気後退しブロック経済の恐れ 雇用情勢も一変の可能性 2019年6月の日本の景気後退確率は景気後退を示す67%超(日本経済研究センター公表)。さらに世界でブロック経済化が進むと、通常の不景気ではすまない恐れが強くなると、専門家はいいます。そうなったとき、雇用にはどのような影響があるのでしょうか。
  • 数字を読み解く 2019/07/042030年代半ば、日本のGDPは世界5位に転落? 2030年代半ば、日本のGDPは世界5位に転落? 今回は日本経済研究センターが6月中旬に公表した長期経済予測を紹介したいと思います。
  • 数字を読み解く 2019/06/06期待したい令和元年 平成元年と同じ兆しも 期待したい令和元年 平成元年と同じ兆しも 内閣府が5月に公表した2019年1-3月期の経済成長率は、多くのエコノミストはマイナス成長と予測していましたが、前期比0.5%増とプラス成長でした。
  • 数字を読み解く 2019/05/09トランプ発言、貿易戦争で景気は下降線か トランプ発言、貿易戦争で景気は下降線か 2018年度の経済指標と2019年1-3月期の経済指標を比べると景気ははっきりと陰りを示しているようです。18年度の鉱工業生産指数は前年度比0.2%増となりましたが、19年1-3月期は前期比2.6%減になっています。18年度の商業動態統計の小売業販売額は前年度比1.6%増ですが、1-3月期は前期比1.3%減になっています。生産も消費も18年度第4四半期(19年第1四半期)は低下傾向です。
  • 数字を読み解く 2019/04/04高度な技術を生かしきれない日本人――GAFAも嘆く保守性 高度な技術を生かしきれない日本人――GAFAも嘆く保守性 2019年3月20日に公表した日本経済研究センターの産業予測を紹介します。 当センターの「第45回中期経済予測」では、日本経済は2030年度までに少子高齢化などを背景にGDP成長率を低下させ、0%台半ばに落ちるとみています。この中期予測をベースに三大都市圏、地方圏の8地域に分けて2030年までの産業別予測をすると、都市も地方も厳しい現実が浮かび上がります。
  • キャリアアドバイザーに聞く!今求められる人材とは? 2019/03/22「経理・人事・法務関連職」編 「経理・人事・法務関連職」編 社会の変化とともに従来の役割を超え、見えない利益に貢献する組織として存在意義が高まっている「経理」「人事」「法務」などの管理部門。管理部門の職種について、いま企業が必要とする人材はどのような経験やスキルが求められているのか。採用のトレンドを熟知する日経キャリアNETのキャリアアドバイザーが解説します。
転職力&年収査定テスト 「5期連続営業黒字」の中堅・中小企業