ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

2019/09/19

career 識者インタビュー東京・霞が関から鹿児島へ 移住して分かった地方で働き、暮らす魅力

2019/09/12

business ここらで3分、会話がコワイ 江戸版「リモートワーク」に学ぶ、情報漏えい対策の基本

2019/09/05

trend 数字を読み解く 景気後退が急速に進むリスク高まる 求人倍率に影響も

2019/08/29

knowhow これだけは聞いておきたい 転職のギモン U・Iターンを望むとき、どのような点を事前に確認しておけばいい?

2019/08/29

trend 景気動向から転職市場を斬る第11回2019年上半期

2019/08/29

career 識者インタビュー長寿企業に「合う人」「合わない人」は? ~300年企業を研究したMBA教授が解説~

トレンド

  • 数字を読み解く 2019/09/05景気後退が急速に進むリスク高まる 求人倍率に影響も 景気後退が急速に進むリスク高まる 求人倍率に影響も 米中の貿易摩擦をはじめ、世界経済が不確実性を増すなか、4~6月の実質GDPは3四半期連続でプラス成長になったものの、有効求人倍率など労働市場にどのような影響があるのか。日本経済研究センターの研究員が最新の短期経済予測を基に紹介します。
  • 景気動向から転職市場を斬る 2019/08/29第11回2019年上半期 第11回2019年上半期 厚生労働省がこのほど発表した2019年6月の有効求人倍率(季節調整値)は、1.61倍となり前月を0.01ポイント下回った。新規求人倍率(同)は2.36倍と前月に比べ0.07ポイント下回る結果となった。米中貿易摩擦の行方や過去最悪と言われる日韓関係など、国内景気に影響を与える問題が取り沙汰されているものの、少なくとも現段階では「人手不足感の解消」はほど遠いというのが数値からもみて取れる。
  • 数字を読み解く 2019/08/08すでに景気後退しブロック経済の恐れ 雇用情勢も一変の可能性 すでに景気後退しブロック経済の恐れ 雇用情勢も一変の可能性 2019年6月の日本の景気後退確率は景気後退を示す67%超(日本経済研究センター公表)。さらに世界でブロック経済化が進むと、通常の不景気ではすまない恐れが強くなると、専門家はいいます。そうなったとき、雇用にはどのような影響があるのでしょうか。
転職力&年収査定テスト 「5期連続営業黒字」の中堅・中小企業

ビジネススキル

転職ノウハウ

調査・ランキング

キャリア