新着

コンサルティング営業【投資信託・保険等の販売を担当していただきます】

株式会社筑波銀行 企業情報

  • 上場企業
  • 従業員1000名以上
  • 働くママ在籍
  • 採用予定数10人以上
  • 土日祝日休み
  • U・I ターン歓迎
  • 育休・産休・介護休暇実績あり

株式会社筑波銀行

誕生10年目を迎えた「筑波銀行」ならではのフレッシュな環境。
あなたの経験・スキルが存分に生かせます!

筑波銀行は、平成22年3月に誕生したばかりの新しい銀行です。
今回、当行のさらなる成長を目指すため、キャリア採用を実施します。
皆さんのこれまでの経験・スキルを、大いに生かしてご活躍ください。

人事担当からのメッセージ1

筑波銀行
人事総務部 調査役
野村 健太郎 氏

筑波銀行は、平成22年3月に誕生したばかりの若い銀行です。

2019年9月時点で茨城県内に84、県外には9の合計93の営業拠点を有しており、『地域のために 未来のために』をコーポレートスローガンに、地域にお住いの皆さんにとって、なくてはならない存在として活動し成長することを目指しています。

私たちが主に活動している茨城を中心とした北関東エリアは、非常にポテンシャルの高い地域です。農業、工業ともに国内トップレベルの生産高を誇っており、最先端の科学ノウハウが集結するつくば市、日本の原子力産業の拠点である東海村も同地域内にあります。

また、筑波山をはじめとする山、海、湖の自然公園、由緒ある史跡、博物館などが多く存在しており、関東のレジャースポットとしても高い人気を誇っています。

こういった「地域ならではの強み」をさらに有効的に生かせれば、北関東地域はますます魅力あふれるエリアになると私たちは確信しています。その原動力として、私たち筑波銀行ができることを模索し、積極的に実現させていきたいと思っています。

誕生したばかりの若い銀行であり、かつ、メガバンクのような大規模組織でもありません。だからこそ、行員一人ひとりが存在感を発揮し、アイデアと行動力を生かして活躍いただける環境があります。

さらに、これまでの慣例や常識を打ち破るような、新たなチャレンジにも積極的に取り組んでいます。その一つとしてスタートさせたのが、中途採用募集です。他企業、他業界で活躍されていた人財を継続的に迎え入れることで、組織に新たな風を吹き込み、無限の可能性を生み出していきたいと考えています。

そのパイオニアとして、これから入社される皆さんにはリーダーシップを発揮しながら、大いにご活躍いただきたいと期待しています。

人事担当からのメッセージ2

筑波銀行
人事総務部 調査役
石川 健二 氏

当行の2019年4月からの中期経営計画として掲げられたテーマが、『Rising Innovation 2022』。2022年3月までの3年間、地域のファースト・コール・バンクとして安定的な金融機関としての役割を果たすために、本来のリレーションシップバンキングに立ち返った営業を強化するべく選択と集中を徹底的に進めることを目標に掲げています。

人事としては、それぞれの行員が、プロとしてスキルを磨き、地域の皆様のニーズを確実にキャッチしてご要望にしっかりお応えできる環境の整備、および組織の強化を行っていきたいと考えています。

今回募集の職種は、いずれも、当行のこれからの成長のキーとなる重要なポジションです。だからこそ、当行としては万全の体制で皆さんをお迎えしたいと思っています。中途採用の方々が自身の経験や知識を生かし、今までにない新たな可能性を積極的に生み出していただけるような、風通しの良い環境づくりをさらに進めていきたいと考えています。

私が考える当行ならではの良さは、やればやった分だけ成果をきちんと評価してもらえて、チャレンジのチャンスを幅広く与えてくれる風土にあるのではないかと思います。言われたことだけをただこなすのではなく、自ら考え行動できる環境があるからこそ、仕事に対する興味がおのずと高まり、スキルを磨く意欲も高まります。

さらに、地銀ならではの、地域に根差した活動を広く行える点も良さの一つといえるでしょう。当行では地域振興を目的としたイベントを数多く開催・協賛しています。自分の成長や銀行の成長だけでなく、地域の成長までもを目指して仕事が行えることが、大きなやりがいや達成感に繋がっています。

また、すべての行員が働きやすい環境づくりにも積極的に取り組んでおり、その成果として、2015年、北関東エリアの企業で初めて「プラチナくるみん」※を取得することができました。これらの環境を存分に生かして、これから入社される皆さんには自分らしく、いきいきとご活躍いただきたいと思います。

北関東エリアにすでに縁のある方も、これから縁を結びたいと考える方も、「地元愛」を大切にしながら私たちと一緒に、「筑波ブランド」の価値をさらに高めていきましょう。

新たな方々との出会いを行員一同、楽しみにしています。


※「プラチナくるみん」
次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、
計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業は、
申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、
厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けることができます。
平成30年3月末時点で、2,878社が認定を受けています。

さらに、平成27年4月1日より、くるみん認定を既に受け、
相当程度両立支援の制度の導入や利用が進み、
高い水準の取組を行っている企業を評価しつつ、継続的な取組を促進するため、
新たにプラチナくるみん認定がはじまりました。
平成30年3月末時点で、195社が認定を受けています。

◆筑波銀行は、平成27年、茨城労働局から北関東地区を本拠地とする企業で初めてとなる
「プラチナくるみん認定」を取得しました。