株式会社小野工業所

株式会社小野工業所

土木施工管理(福島県)【国交省・地方自治体案件多数/創業130年/橋梁保全工事のパイオニア】

  • 設立50年以上
  • 資格取得支援制度
  • 勤務地限定
  • U・I ターン歓迎

橋梁保全は誇りをもってできる仕事。組織の風通しもよく、働きやすい環境です。

先輩社員のインタビュー

私は前職でも橋梁補修工事の施工管理の経験があります。橋梁補修や道路改修工事の現場代理人や管理技術者を務めていたんです。転職を考えたきっかけは、家族でした。妻の故郷である福島に移住することになったんです。当社への入社の決め手は、橋梁保全分野でこれまでの自分のスキルを生かすことができると感じたからです。橋梁保全に力を入れている当社でも、橋梁の施工管理を経験したことがある転職者はそれほど多くありません。

実は橋梁保全は場所や重量の関係、さらには老朽化の程度や構造によってそのつど工法を変える必要があるなど、特殊なスキルが不可欠。だから「橋梁は、作ることはできても修理・補修は難しい」といわれています。当社に入社して、私のこれまでの知識や経験を、会社や現場の方が必要としてくれていることを実感しています。そのことをとてもうれしく思いながら日々作業を行っています。現場では想定外の事態も多々起こるのですが、冷静な判断でリーダーシップを発揮できるよう心がけています。当社は若手社員も多いので、自分の経験を伝えることにも努めています。

インフラは安全なのが当たり前ですが、その安全を維持していくのが私たちの仕事。日々、誇りをもってできる仕事だと感じています。当社は土地柄もあるのか、穏やかでおおらかな人が多く、風通しもいいので働きやすいですね。

<工事部係長 中拂 光/2017年中途入社>


以前は建設コンサルタント会社に勤めていました。建設会社が施工するために必要な事前調査や事業計画の作成、施工管理が主な仕事でしたが、施工に関する知識をもっと深めたいと思い、転職を決意しました。現在は本部長として、施工・品質・原価管理を指導、支援しています。

現場で仕様・予定通りに事業を完了させるためには、コスト、工程や調達、品質管理が重要になります。当社は国や自治体などから受注した規模が大きな案件が多いので、当然、関わる人数も多くなります。ですからいろいろな人と円滑にコミュニケーションをとりながらリーダーシップを発揮できる方だといいですね。

インフラ整備事業は、規模の大きさや社会貢献度から完成したときの達成感がとても大きいものです。お客様から感謝されることも多く、苦労もありますが充実感も味わえますよ。

<工事施工本部長 本田 敏文/1999年中途入社>

福島にゆかりがあり、U・Iターンで入社した社員も多数います。

採用担当からのメッセージ

当社は20年ほど前から先駆けとして「橋梁保全」事業に取り組んできました。おかげさまで東北地方ではトップクラスの受注数と施工実績を誇っています。保全分野は今後もさらにニーズが増えることが見込まれている成長分野です。近年は特に建設業界の人材不足が課題となっていますが、当社はM&Aを積極的に行うことで事業を拡大してきました。グループ会社の増加で、重要な作業工程の内製化にも成功しています。ただ、それでもまだ需要に追いついていないのが現状です。そこで当社の新たな力となってくださる方を募集することになりました。

橋梁保全は立地や重量、補修の程度や構造などによって、個別に工法を考えるなど、特殊なスキルが必要になります。そのため当社では、社員の研修や資格取得に力を入れています。資格取得のための受験費用はもちろん、講習会の参加費や交通費も負担するなど、社員のスキルアップを全力でバックアップしています。また、目標設定による人事制度も好評です。自身の成果が処遇に反映されるので、モチベーションアップにつながっています。資格取得によって現場所長などの基幹職や経営職などへのキャリアアップも可能です。

当社の施工管理職は20~30代の比較的若手が多いのが特徴です。そのため今回は即戦力となっていただける方に、これまでの知識や経験を存分に発揮していただきたいと考えています。また、若手社員の指導や経験の伝授などもお願いしたいと考えています。

福島にゆかりがあり、U・Iターンで入社した社員も多数います。あなたも当社で「橋梁のプロ」をめざしてみませんか?

<人事部人事部長 榎本 晃>