株式会社日経BP

株式会社日経BP

企業情報

企業名 株式会社日経BP
事業内容 日経BP社は日本経済新聞社グループの一員として1969年4月に設立されました。雑誌・書籍・ムックなどの出版事業と、インターネット事業を中核に、展示会・セミナー、書籍・カスタム出版、調査・コンサルティングなど、多様なメディアとサービスを駆使し、高付加価値の先端情報を提供する日本最大級のコンテンツプロバイダーです。

また、経営・技術分野に高い専門性を持つ日経BP社と、生活情報において新ジャンルを切り開いてきた日経ホーム出版社(1982年3月設立)は2008年7月に経営統合し、新生日経BP社として生まれ変わりました。これにより、日経BP社は「経営」「技術」に加えて「生活」の3つのジャンルに訴求力を持つ、他に類のない総合出版社となりました。

ビジネスパーソンのライフシーンのONからOFFまでをカバーする最新情報を、雑誌や書籍だけでなく、パソコンや携帯電話、セミナーや展示会といったイベントに至るまで、多様なメディアを通じて提供しています。常に読者やマーケットのそばにいて、高い浸透力、訴求力、影響力を発揮できるのが、日経BP社ならではの強みです。
設立年月日 1969年4月5日
代表者 代表取締役社長  新実 傑
資本金 4億円
売上高 390.7億円(2015年度実績)
従業員数 772人(2015年末時点)
URL http://corporate.nikkeibp.co.jp/
所在地 〒105-8308
東京都港区虎ノ門4丁目3番12号
企業特長&PR  日経BP社は、雑誌・書籍、インターネット、展示会・セミナーというそれぞれの分野で、「経営」「技術」「生活」の三分野を広くカバーし、ビジネスパーソンに高付加価値の情報を発信するクロスメディア企業です。

 その特徴は3つのキーワードに集約されます。

専門、先端、先見

 日経BP社の記者はそれぞれの分野に特化した“専門”性を持っています。専門性を持つことでその分野のトレンドにいち早く気づき、特定分野の専門家だからこそ知り得る情報源にアクセスして“先端”の情報を入手することができるのです。さらには、蓄えた専門&先端情報を基に未来を予測することで、“先見”を生み出します。そうして、読者の皆さんに時代の変動期を生き抜くための「専門、先端、先見」という確かな情報をお届けできるのです。

 広く、深く、高品質な情報・サービス・機能を提供し、社会に貢献する──これが日経BP社の企業理念であり、使命なのです。