モーニングスター株式会社

モーニングスター株式会社

企業情報

企業名 モーニングスター株式会社
事業内容 ■金融情報サービスの提供
■個人投資家向けセミナー
■資産運用情報誌、株式新聞の発行
■投資信託・株式、FIT・確定拠出年金向けレポート コラム、ニュース配信
世界27ケ国で、ファイナンシャル・リサーチ&アドバイザリー業務を展開。全世界で約1000名のアナリストを擁し、投資商品(株式、投信、変額年金、ヘッジファンド等)約50万本の情報をウェブサイトやデータベースを通じて、タイムリーかつダイレクトに提供しています。
日本では、ウェブサイトが月間約100万人、無料アプリは約50万人のユーザーが利用しています。国内約5000本のファンドを対象とするスターレーティングは、今や個人投資家の4人に3人が投資判断の材料として活用しています。
設立年月日 1998年3月27日
代表者 代表取締役社長 朝倉 智也
資本金 21億1,562万円
上場分類 JASDAQスタンダード
従業員数 単体76名 連結98名(2017年6月30日現在)
株価 総合企業情報 株価サーチ/株価情報はこちらから
URL http://www.morningstar.co.jp/
所在地 〒106-6020
東京都港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー
株式・投資信託・ETFの総合金融情報サイト・モーニングスター 金融情報サイト「モーニングスター」は月間アクセス数約2,500万PV、月間ユニークユーザー約130万人、モーニングスタークラブ会員約14万人、公式アプリ40万ダウンロードを超えております。

毎年、国内の追加型株式投資信託約5000本を対象に、リスクやリターンといった定量面と、運用調査体制等の定性面の両面から、優れた運用実績とマネジメントを持つファンドを「Morningstar Award 『Fund of the Year』」に選考し、約40本程度(全体の約1%弱)を表彰しております。

投信ニューマネー(約5000億円/月間)の約50-60%が、受賞ファンドに集中しており、金融業界での影響力が大きいとも言われております。また、Yahoo!ファイナンスにニュース配信を行うメジャーベンダーでもあり、証券会社では、全体(約2200万口座)の約70%(約1500万人)の個人投資家がユーザーとなっています。

さらに近年、「NISA」「iDeCo(個人型確定拠出年金)」などの制度が作られ、そして、2018年1月から開始が予定されている「積立NISA」などの制度も整備されることで、同社を取り巻く事業環境には大きな追い風が吹いてきております。同社のサイトやアプリの利用率は急速に拡大し、資産運用セミナーには毎回1,000人を超えるの多くの投資家が来場するなど、同社の情報やデータが投資家の最適な投資信託の選定に、欠かせないものになって来ました。

今後の注力する事業として下記の3つを掲げております。
(1)投信販売員向けのタブレットアプリ「投資信託INDEX」(67社、4.5万台の提供:2016年12月末現在)を中心とした投資アドバイスツールの提供による、「フィデューシャリー・デューティー徹底のサポート」
(2)Finance(金融)とTechnology(テクノロジー)を融合したフィンテック分野において、その主要なサービスとなるロボ・アドバイザーの開発およびコンサルティングの提供
(3)「貯蓄」から「資産形成」を進めるにあたり、最大の課題と言われる個人投資家への適切な投資教育の提供

上記を包括的に行うことにより、更なる事業拡大とともに、投資家一人一人の的確な資産形成をサポートし、ひいては資本市場の活性化を目指しております。