株式会社共和コーポレーション

株式会社共和コーポレーション

店舗開発・施設管理【東証二部上場/関東・甲信越を中心にアミューズメント施設を運営/M&Aも含め拡大中企業】

  • 上場企業
  • 5期黒字
  • 中途入社5割以上
  • 土日祝日休み
  • 働くママ在籍
  • 育休・産休・介護休暇実績あり
  • U・I ターン歓迎

上場に伴い発生・増加した業務が多数あります。
即戦力として貴方の知識・経験を存分に発揮してください。

『明るく開放感のある店内空間』と『安心・安全・安価に、三世代で楽しめる遊技環境』作りを基本コンセプトとして、関東・甲信越を中心にアミューズメント施設「APINA(アピナ)」「YAZ(ヤズ)」「GAMECITY(ゲームシティ)」を運営する共和コーポレーショングループ。2018年3月に東証2部上場を果たし、業界環境が厳しい中でも成長を続けています。共和コーポレーショングループの特徴や強みを、主力部門の社員へのインタビューを含めて紹介します。

明るく、清潔な、開放感のある店舗づくりの第一歩は、我々店舗開発部が担っています。

採用担当者からのメッセージ

共和コーポレーショングループは、「APINA」「YAZ」「GAMECITY」を中心として、北海道から兵庫まで16都道府県にゲームセンター・バッティングセンター・ボウリング場を59店舗展開。アミューズメント施設では売上高全国8位を誇っています。

当社は「施設運営事業」だけでなく「ゲーム機器販売やレンタル事業」も手掛けているため、大手ゲーム機メーカーやアミューズメント景品業者など、ほぼ全メーカーの商品の取り扱いが可能であり、強固なパイプを有することが特徴です。そのため、「早く・安く・多く」ゲーム機器を調達することができます。また、メーカーや販売先企業から鮮度・精度の高い情報も仕入れることができるので、施設運営や機器販売にそれらの生データを活用することが可能で、相乗効果によって厳しい業界環境下でも成長を続けてきました。おかげさまで2018年3月には、東京証券取引所第2部に上場することができました。

今後は当面の目標として「100店舗体制の実現」を掲げています。そのためにも新規出店に加えて積極的にM&Aを行っていく予定で、採用の強化が不可欠となっています。また、上場に伴い内部組織を整備してきましたが、今後はさらに拡充させる必要があると考えています。IRをはじめとして上場によって発生・増加している業務もあり、即戦力となる方を求めています。まずはご自身のこれまでの知識・経験・スキルを存分に発揮していただきたいと思います。そしてゆくゆくは、部門を背負って立つような社員になってほしいですね。

実は私自身も中途採用で一昨年に入社しています。前職では情報システムや採用・研修などの業務を経験してきたのですが、M&Aで社内環境が大きく変化し所属部署の拠点が変わることになったため、家庭や育児などの都合からも転職を考え始めました。転職活動を進める中で当社からオファーをもらったのですが、実は当社の人事部長とは自分がまだ就職活動中の新卒学生の頃に一度会ったことがありました。それから10年以上が経過していたにもかかわらず私の名前(旧姓)や経歴を憶えており、同じ人事・採用という立場で仕事をしている中で「こういう人達と一緒に働いてみたい」と感じ、入社を決めた経緯があります。

現在私は人事・労務を担当する立場ですが、働き方改革が大きく注目されている中で、所属する「人」が『働き続けたい会社』と思えるような新しい働き方や体制を模索し、人事・労務の仕事を通して新たな仕組みを構築したいですね。非常に難しく大きな問題ですが、重要かつやりがいのある仕事なので、さらに知識・経験・研鑽を積み重ね、総合的な人事のプロフェッショナルになるのが目標です。

当社はアミューズメント業であり、日々来店してくださる多くのお客様に支えられています。あくまでも主役は「お客様」であり、そしてお客様に接する「現場」です。ですから本社勤務ではあっても、顧客意識やホスピタリティマインドが高い方と一緒に仕事をしたいと考えています。

私たちと一緒に、さらに会社を、さらに自分を、成長・発展させていきませんか?

<人事部チーフ・採用担当 持田 詩乃/2017年中途入社>

店舗開発部長のポストは現在空いている(※私が兼務している)ので、是非とも目指してください!

先輩社員からのメッセージ

前職では、インターネットカフェの店舗開発とアミューズメント施設の運営に携わっていました。経験を重ねて店長・マネージャーへ、さらに運営を束ねる運営長に任命されたのですが、より見識を深め、自身の経験の幅を広げたいという思いが強くなり、転職を決意しました。その後、同業他社に転職し、オーナーの片腕として施設営業・店舗開発・組織開発・部下育成などを全般に手掛けていましたが、縁あって当社とのM&Aが進められ、営業店舗部門を新設分割(株式会社YAZアミューズメント)し入社に至りました。

現在はアミューズメント施設運営と店舗開発の責任者を務めています。当社は関東・甲信越を中心に、全国に様々な業態の店舗を展開しています。当然、店舗の形態や地域によって運営手法も変わってきます。また、新規出店だけでなくM&Aによる事業拡大も積極的に行っているため、事業の成長スピードが非常に速いのも特徴です。大変なこともありますが、その分吸収できることもたくさんあります。主力事業の最前線で常にパフォーマンスを求められるため、プレッシャーもありますが、非常にやりがいのある仕事だと感じています。

当社はお子様からお年寄りの方まで、幅広い年代の方に安心・安全・安価で楽しんでいただける環境の提供を基本コンセプトとしています。それにはやはり接客を中心とした店舗作りが重要になります。ですから今後は事業規模ももちろんですが、顧客満足度でもNo.1の企業として業界をけん引したいと考えています。そのためにも、例えば研修カリキュラムに「店舗運営論」を盛り込むなどして、一般の小売業に負けないレベルの顧客満足を目指したいと考えています。

社長の宮本が『100店舗体制』を目標として掲げていますが、それには単純に考えても41人の店長ほか大勢の社員が必要ですし、本社などの間接部門の拡充やサポート体制の強化も欠かせません。まだまだ社員の活躍の場は広がります。優秀・有能な社員が多く集まる『長野に(アミューズメント業界に)共和コーポレーション有り』と言われる会社にしたいですね。

<上席執行役員営業本部長 兼 店舗開発部長 長尾 忠/2015年中途入社>