国土開発工業株式会社

国土開発工業株式会社

土木施工管理(元請け/自治体案件担当)【勤務地は関東エリア限定/ベテラン大歓迎/経験をしっかり生かせる環境あり!】

  • 住宅補助制度
  • 資格取得支援制度
  • 急募求人
  • 5期黒字

頑張りに応じた活躍の場と
満足いただける報酬をご用意し、
皆さんの成長と活躍をしっかりサポートします!

◆代表取締役社長からのメッセージ
「施工だけでなく製造も手がけているなんて、面白い会社だと思いませんか。現場力を高めていくためにも、新たな人材を期待しています」

代表取締役社長 林 伊佐雄

業績は順調です。2018年5月期も売上高、営業利益とも最高益でした。引き続き堅実経営のもと、下請工事も元請工事も機械製造も手がけられるという強みを生かして、より強じんな企業体質の構築を目指します。

今後、取り組んでいかなければならないテーマはいくつかあります。1つは生産性の向上です。生産性を上げていかないと、もはやこの業界では生き残っていけません。そのために不可欠なのが、現場力を磨くことです。現場力を高めない限り、生産性の向上は望めないでしょう。

また、拠点の拡大も取り組むべきテーマです。これまでは東日本、特に東北地域に比重を置いてきました。ただ今後は、東北地域の復興が一段落してくるだけに、西日本にも拡大していかなければなりません。いきなり全国展開することは難しいので、案件が見込める拠点を少しずつ固めていきたいと考えています。

【キャリア入社の方にも能力と意欲次第で重要な業務を依頼】

土木事業部門を単体で見ると、最先端技術ICT(情報通信技術)を駆使した精密かつ正確な重機土工施工に取り組んでいく必要があります。最終的には全自動化することが目標ですが、まずは半自動化に対応した機械を導入して、お客様に安心していただける体制を作り上げていきたいです。

リニューアル工事の拡大も部門が取り組んでいかなければならない課題です。老朽化した橋脚や道路などは全国に数多くあり、修繕工事・補修工事の案件はいくらでもあります。それらを着実に受注して、施工実績を増やしていく考えです。

こうした課題に取り組んでいくためにも、新たな人材には大きな期待を寄せています。これは業界全体にも言えることですが、当社の技術者の平均年齢が上がってきていますし、体制を強化するにはエキスパートが必要です。

求めているのは、専門性とリーダーシップを兼ね備えた方。後進を統率しながら現場を取りまとめていけるような資質を持った方を希望します。先端的な技術に精通している方もほしいですね。これからどんな技術が注目されるのかを先見的な視点で捉えて、取り込んでいける姿勢を持った方です。

当社は、企業規模としては決して大きくありません。ただ、エッジの利いた会社であることは間違いないでしょう。社員には年齢や学歴、社歴に関わらず、能力と意欲次第でどんどん重要な業務を任せています。若い方であっても1つの部門・部署を委ねてもいいと思っているくらいです。

これからキャリア入社される方にもいろいろなチャンスがあります。それを生かして頑張っていけば、必ず納得のいく待遇・報酬も得られます。ぜひチャレンジしてください。
<代表取締役社長/林 伊佐雄>

代表取締役会長 清水 嘉弘

◆代表取締役会長からのメッセージ
「当社が大切にしているのは『頑張りがしっかり報われる会社であること』。当社に魅力を感じて、経験を生かしたい方からのご応募をお待ちしています」


「土木事業」「ツイスター事業」「機械製造事業」の3本柱で事業を展開してきた国土開発工業は、昭和48年(1973年)に日本国土開発(株)から「重機部門」と「工場部門」が分離する形で誕生しました。長年の実績に裏打ちされた確かな技術力で、官公庁や大手ゼネコンといったお客様の高い期待と要望に応えてきました。

当社のメイン事業の1つであるシールド機製造は、国内でも指折りの高いシェアを誇っており、当社でしか実現できない工法も確立しています。そういった当社ならではの強みが功を奏し、経営は好調を維持。増収増益を連続して達成しており、2017年度は最高益を更新しました。

さらなる飛躍を目指すため、2018年につくば市に機械製造の新工場を竣工しました。各部門で新メンバーを毎年複数名ずつ迎え入れて、体制強化を図っています。

当社が何より大切にしているのは「頑張りがしっかり報われる会社であること」。取り組みの1つとして、貢献度が高かった社員を人数制限を設けずに「月間社長賞」などで表彰し、一時金を支給して労をねぎらっています。

また年齢や性別、学歴、社歴、中途・新卒採用などに関係なく、実力や成果をフラットに評価して、昇格や昇給に反映させています。当社には中学卒業程度の学歴であっても800万円近い年収を稼ぐ社員もいますし、中途入社して責任あるポジションで活躍している社員もたくさんいます。

保守的な慣例・慣習が残るゼネコン業界の中で、「自分はもっと評価されてもいいはず」ともどかしい思いをされている方は少なくないでしょう。私たちはチャレンジしたい皆さん、成長したい皆さん、スキルや経験を生かして活躍したい皆さんを大いに歓迎します。

社員の約3割は中途入社が占めており、その多くの社員から「転職して給与が上がった」「仕事が面白くなった」といった声を聞いています。そんな社員たちに続く存在として、皆さんにはご活躍いただきたいと思います。経験に多少不安のある方も、まずはご応募ください。皆さんのやる気や伸びしろをしっかり評価させていただきたいと考えています。

【土木施工管理技士として成長できる環境を用意】

今回募集するのは、国土交通省の土木プロジェクトを担当いただく土木施工管理技士。当社は官公庁土木に関して神奈川県内Aランク工事別ランキングで土木分野の総合点が4位にランクインするなど、厚木市の土木一式工事では圧倒的ナンバーワンの実績を誇っています(※)。

国交省のプロジェクトを多く手がける当社なら、若手であっても現場代理人として活躍でき、スキルを高めていけます。また再雇用制度を導入していますので、やる気があれば60歳を過ぎても現役で働き続けることもできます。

即戦力となる方のご応募を期待していますが、2級の土木施工管理技士資格をお持ちの方で同資格の1級取得に前向きな方であれば歓迎です。資格取得にかかわる費用は、受験回数を問わず全額当社が負担します。当社の環境に魅力を感じて、ご自身の力をここで試したい、生かしたいと思ってくださる方からのご応募をお待ちしています。
<代表取締役会長/清水 嘉弘>

(※)日本工業経済新聞平成30年6月29日付発表による