建築企画

ジェイレックス・コーポレーション株式会社 企業情報

  • 中途入社5割以上
  • 土日祝日休み
  • 駅徒歩5分
  • 資格取得支援制度
  • 5期黒字

ジェイレックス・コーポレーション株式会社

良きパートナシップの構築が
価値ある住まいづくりの第一歩

自分が追い求める建築物を具現化したい

前職の設計事務所ではマンションや大学の校舎などの設計を手がけていました。基本的にはクライアントの指示を落とし込むだけだったこともあり、段々とモチベーションが下がってきてしまいました。「自分がつくりたい建築物を具現化するには、デベロッパー側に立つしかない」。そんな決意の下、当社に応募しました。ベンチャー企業のスピリットにあふれる会社であるだけに、「刺激を得ることができるのでは」という期待もありました。自分のアイデアを生かせる仕事を求めていたのかもしれません。

入社後、仕入れ担当者から仕入れたい物件の建物ボリュームプランを入れる業務に携わりました。敷地形状や法律に合わせてプランを入れるのですが、厳しい場合も多くありました。ただ実際、プランを入れた土地を仕入れることになった時は達成感があり、愛着も湧いてきます。仕事に対する熱の入れ方が、前職とは全く異なってきました。

幅広い経験とスキルを生かし、賞を目指す

当社で得られるのは建築に関する幅広い経験とスキルです。土地のことも設計も、そして収支もと、ものづくりに関するすべてを自分で仕切れるようになるので、やりがいは格別なものがあるといえます。
今でも忘れられないのは、入社してすぐに担当させていただいたワンルームマンションの案件です。外観が想定以上にスタイリッシュに仕上がっただけでなく、お客様からも使い勝手が良いという評価をいただくことができました。それも、建築の上流工程一切を任せてもらえたからだと思っています。

そんな私が現在、設計の仕事を進める上で心がけているのは、人との礼儀を徹底することです。施工会社や協力会社のメンバーには気持ち良く仕事をしてもらいたいので、現場で会えば自分から声をかけますし、暑中見舞いや年賀状も欠かさないようにしています。やはり、彼らとパートナー関係が構築されていないと、価値ある住まいは実現しないからです。

当社分譲事例:レクシード両国駅前
2017年グッドデザイン賞受賞しました!