【サーバエンジニア】★残業は月10~13時間程度★年休130日

インガルス株式会社 企業情報

  • 5期黒字
  • 年間休日120日以上
  • 土日祝日休み
  • 残業月20時間以内 

インガルス株式会社

働きやすさとやりがいを共に実感できる。
それが、インガルスで働く魅力です。

インフラ・エンジニア 小坂

インフラ業務の面白さを痛感。
さらなる成長に向け、専門性を高めるとともにリーダーシップを身に付けていきたい。

今までやっていなかったことを体験できるのが、面白いです。何より、自分の知識としてどんどん蓄えられているという手応えがあります。例えば、アプリ側のテストでファイヤーウォールにより制御を掛けてたりしますが、前職ではファイヤーウォールには一切関わっていませんでした。上司はサーバ、ネットワークにも精通しているなど、インフラ周りの経験・知識が豊富なので、今後も教えてもらいながら知識を蓄えていけます。

前職との違いは他にも感じています。残業時間が思い切り減りました。前職だと毎月何十時間は当たり前でしたが、インガルスでは10時間も行かなかったりします。上司も「できるだけ早く帰れよ」と声掛けしてくれるので、気持ちも楽です。また、自分の頑張りをしっかりと評価してもらえるのも嬉しいことです。「君がいるから助かっている」という言葉を常々上司から言われるだけでもモチベーションが高くなりますが、賞与などにも反映されており年収が格段にアップしました。

転職時には、開発の仕事への興味もありましたが、今はインフラ業務が楽しくてたまりません。それに、時代がどう変わって行ってもインフラ周りの仕事は必ず残るはずですから、極めていきたいと思っています。現在は、サーバが中心ですが、守備範囲を広げていきたいです。また、30代になったということもあって、今後はリーダー的なポジションを目指していかなければいけません。上司はPL/PMの経験者でもあるので、常に向上心を持って接し、スキルを高めていければと思い描いています。

<サーバ・エンジニア 小坂>

15期連続で黒字経営を維持

目標は、ネットワークの設計ができるエンジニアになること。
着実に成長できていると日々実感。

前職でもインフラ周りの保守・監視を行っていたものの、本格的にネットワークの領域に入ったのは当社に中途入社してから。最初の現場では、先輩にイチから教えてもらいながら必要な知識を習得していきました。

二つ目の現場となる現在は、クラウド環境の構築・保守・運用などを手掛けています。主な業務は、ネットワーク機器の設定や監視。基本的にはテンプレート通りに設定すれば良いのですが、自分でもちょっとした工夫を施すこともできます。思ったように動作してくれると面白くなってきますね。また、さまざまな経験を積み重ねていくに連れて、以前には良く分かっていなかった用語も理解できるようになってきました。「こういうことだったのか」と腹落ちできると、自分自身の成長を感じられます。

今後の目標は、ネットワークの設計ができるようになることです。今はどちらかといえば、出来上がったものに手を加えている程度。どうせなら、新しいものを作り上げていきたいと思っています。そのためにも、もっともっとネットワークの仕組みを深く知りたいです。

インガルスに入社して、ネットワークエンジニアとしてのキャリアをスタートできましたし、収入も大幅にアップしました。何しろ、前職ではボーナスも出ませんでしたからね。また、フレンドリーな社員が多いので、帰社日などに色々な話をすることが自分の楽しみになってきました。顔を合わせると気さくに声を掛けてくれる。そんな仲間たちに会えるからです。

<ネットワーク・エンジニア 田浦>

収入アップを目指しての転職。
金融業界の知識を活かして、長期的なキャリア構築を目指す

社会人になってから、ずっと生保や損保など保険会社向けシステムの保守業務を担当してきました。インガルスは3社目になります。入社の決め手は、ズバリ収入アップです。実は前職では、ボーナスが出ませんでした。「その分を月給に振り分けているから」と説明されていたのですが、他のシステム開発会社で働く友人の年収を聞いて、あまりの差に愕然としてしまいました。しかも、インガルスは銀行や保険などの業種を長年手掛けていることもあって、案件が豊富です。これまでの経験を生かせるという点も大きかったといえます。

現在は、損保会社の社員支援を担当しています。まだ、入社してわずか数カ月ということもあって、あるプログラムを廃止するにあたっての調査や申請書を作成するといった業務からスタートしたところです。いずれも前職でも経験しているものの、会社によって方法は違ってくるだけに、一緒に働いている二人の先輩から色々教わりながら進めています。先輩方は、この現場で10年、20年と働き続けているベテラン。まさに、生き字引のような存在なのに、気さくに接してくれるので質問もしやすいです。

お二人から良く言われるのは「金融知識はこれかも必要なスキル。しかも、若手で習得はなかなかいないから貴重な人材になれるよ」ということ。先輩と同様、一つの現場で仕事を極めていきたいと思っています。損保の世界だけでも奥が深く、学ぶべきことが数多くありますからね。

実は、今年6月に社会人になって初めてボーナスを手にしました。ようやく、お金を気にせず食事ができるようになりました。

<金融エンジニア 谷本>

総務部 部長代理 三浦 雅之

採用担当者からのメッセージ
~次世代の中核を担う人材を期待したい

今ジョインしていただければ、事業をどんどんスケールアップさせている段階ならではのやりがいを実感できます。それに、仕事もかなり多彩なのでスキルアップという点でも絶好のタイミング。得意領域を広げられるチャンスと言えるでしょう。また、もともとインガルスは社員の声を否定しない会社なので、やりたいことを実現できるのも魅力といって良いでしょう。

面談で私がポイントに置いているのは、コミュニケーションスキルをお持ちであるかどうかです。といっても、流暢に会話できるとかでなくても構いません。自分の想いやスキルを、自分の言葉でしっかりと伝えられる方であれば十分です。

中途でご入社いただく方に期待しているのは、行く行くはお客様との折衝や現場のマネジメントをこなせるようなプレイングマネージャーになっていただくこと。ここの層の強化は、インガルスの課題ですからね。ただ、エンジニアによっては技術を追求してスペシャリストになりたいという方もおられるはずです。そうした方にも、ご本人に合った機会を提供していきますので、まずは気軽に面談に臨んでいただきたいです。お待ちしています。

<総務部 部長代理 三浦 雅之>