Cloud Native Computing and DevOps Solution Architect

日本ヒューレット・パッカード株式会社 企業情報

  • 外資系
  • 従業員1000名以上
  • 土日祝日休み

日本ヒューレット・パッカード株式会社

Accelerating Next -未来を加速する ‐

2015年11月1日、Hewlett Packard Enterprise(HPE)の誕生とともに、日本ヒューレット・パッカード株式会社は、その日本法人としてエンタープライズ領域に特化したITソリューション事業を継承し、お客様のビジネスへいっそう貢献していくための組織体制へと移行いたしました。

いま、「アイデアエコノミー」と呼ばれる潮流が世界規模で進展しています。斬新なアイデアを、ITを駆使してスピーディに新サービスとして実現し、あっという間に市場を席巻するビジネスモデルの台頭です。
国境や業種を越えたボーダーレスな競争はすでに始まっています。

私たちのビジョンは、お客様のビジネスのスピードを加速させ、お客様の戦略をいち早くビジネスの成果へと結びつける“New Style of Business”を実現すること――。そのために、「ハイブリッド・インフラへの変革」「デジタル・エンタープライズの保護」「データ指向経営の推進」「ワークプレイスの生産性向上」という4つの領域に注力しています。

これを支えるのは、業界トップクラスの実績を持つテクノロジー製品とサービス、世界120か国で様々な業種のお客様をご支援してきた実績と、それを可能にするグローバルなネットワークです。ビジネスをとりまく環境が大きく変わり続ける中、私たちは、お客様が求める変革をご支援し、より大きなビジネスの成果に貢献していきます。

多様性を尊重し、優秀な人材を育成する環境づくり

ワークスタイルの変革により、フリーアドレス制度、在宅勤務等、柔軟な働き方で効率よく仕事ができます。

社員のもつ多様性を認め、生かすことで一人ひとりがリーダーシップを発揮し、イノベーションが生まれ、企業に成長をもたらします。こうした考え方の下、社員が仕事と生活の両立を図り、ビジネスに貢献できる環境づくりを推進しています。特に女性や障がい者の活用を推進する取り組みが評価され、経済産業省による「ダイバーシティ経営企業100選2014」に選出されました。

人材育成においては、「社員はキャリア形成に自律的に取り組み、マネージャーがそれを支援する」という方針に基づき、多様な制度や仕組みを整備しています。2014年からスタートした「人財育成プログラム」は自ら立候補し選抜された社員を、次世代を担うエバンジェリスト、アーキテクト、マネージャーとして育成するプログラムです。変化の激しいテクノロジー業界をリードし、高いお客様満足を実現し、持続的なビジネスの成長を支える”人財”を育てます。また、エンジニア・テクノロジストの能力開発支援として、セミナーやワークショップ、資格取得の促進、情報交換会、グローバルイベントへの参加による海外技術者との交流や、海外の開発拠点でのインターンなど多彩な活動を行っています。
また社員にとって働きやすい環境であるために、オープンなコミュニケーションを大切にしています。「オールエンプロイミーティング」では全社員を対象に、方針や戦略を共有します。家族を会社に招待し親睦を図るイベント、「Family Day」も毎年、実施しています。