阪急阪神不動産株式会社

阪急阪神不動産株式会社

自社分譲マンション「ジオ」の品質管理(設備)担当【首都圏での積極採用】◆リーダー候補

  • 年間休日120日以上
  • 土日祝日休み
  • フレックスタイム制
  • 資格取得支援制度

首都圏においても「品と質」にこだわり、
新たなステージを切り開いていきたい。

阪急阪神100年来のDNAを継承する
マンションブランド「ジオ」

【首都圏でのマンション事業のさらなる拡大へ】
100年先を考える住まいづくり、街づくりを進める阪急阪神不動産が挑む新たなチャレンジ。それが、首都圏での自社分譲マンション「ジオ」事業の業容拡大です。「お客様視点」「顧客満足度向上」を追求する真摯な姿勢、「品と質」へのこだわりが評価され、首都圏でもマンションデベロッパーとしての認知度は急激に高まっており、今後ますます需要が広がっていくと見込まれているからです。

【阪急阪神不動産のマンションブランド「ジオ」が提供する価値】
私たちは100年以上もの長きにわたり、お客様の視点・思いをベースに安心・快適な住まいを提供するとともに、街づくり全体をプロデュースしてきました。そうしたDNAを継承し、未来を紡ぐマンションブランドとして阪急阪神不動産が展開しているのが「ジオ」です。

企画開発からアフターサービスに至るすべての工程において「品と質」にこだわり、住まいのあり方を大きく変えようとしています。
「ジオ」が目指す「品と質」は、以下の7つの約束に集約されます。

1.一生お付き合いしたいと思える最高の顧客体験
2.土地選定への深いこだわり
3.前例に捉われない新しさの追求
4.地域と共に成長する街づくりの思想
5.地域の中でも賞賛されるデザイン
6.適確な技術サポートによる永住品質の約束
7.阪急阪神への確かな信頼

これらを首都圏においても、今まで以上に推進・加速させていきたいというのが、私たちの願いです。

首都圏マンション事業部 品質管理グループ 課長補佐 
黒岩 憲世

【首都圏マンション事業を担うリーダーからのメッセージ】
末永く顧客に関わることができる

前職のゼネコンでは10年ほど施工管理を担当していました。歯がゆかったのは、つくって終わりであったことです。末永く顧客に関わることができる仕事に就きたいとずっと思い続けていました。

当社に対しては好印象を持っていました。以前、物件を手掛けた際に、社員の方々がお客様志向を徹底していたからです。アフターサービスであれば、ゼネコンでの経験が生かせるという思いもありました。

今はメンバー5人で業務を賄っていますが、これからますます忙しくなるはずです。アフターサービスはお客様の満足度を向上させる重要な業務。ぜひとも、その一翼を担ってもらいたいものです。情熱にあふれる方と一緒に仕事をしたいですね。共にがんばっていきませんか。

首都圏マンション事業部 品質管理グループ 課長 石渡 直樹

【首都圏マンション事業を担うリーダーからのメッセージ】
効率良く回していけるかが鍵

長年、ゼネコンで施工管理として働いてきましたが、「いつかは事業主・発注側に立ちたい」という思いがありました。当社が品質管理担当を募集していることを知り、すぐに応募しました。「今まで培ってきた経験や知識が生かせる仕事である」と思えたからです。

現在、当社の設備担当は首都圏においてはプレイングマネジャーである私を含めて4人しかいません。いかに少ない人数で業務を効率良く回していくかが鍵となるだけに、現場でのスケジュール連携や外部協力先との調整には気を使っています。

それだけに、一人で業務を一通りこなせる方とか協調性、広い視野を持った方を期待したいですね。首都圏エリアは今、拡大路線まっしぐらの段階。仲間として一緒に取り組んでいきましょう。

首都圏マンション事業部 副部長 高木 太伸

【首都圏マンション事業を担う幹部からの
メッセージ】
品質管理グループの次世代を担うリーダー
候補を期待

マンション開発だけでなく、住宅やオフィス、商業施設をも手掛ける総合不動産デベロッパーである阪急阪神不動産では、2025年に向けたグループ長期ビジョンに基づき、首都圏の分譲マンション事業の競争力強化を大きなテーマの一つとして掲げています。目指しているのは、近畿圏と同水準の戸数規模(年間約800戸)まで段階的に事業を拡大すること。その実現に向けて、首都圏マンション事業部の事業推進グループと販売グループ、品質管理グループが連携しながら、お客様に満足度の高い住まいをご提供する「製販管一貫体制」を構築しています。

首都圏におけるマンション事業は、2001年に開発した「パークハウス・ジオ六番町」に遡ります。その後、少数精鋭の布陣ながら着実に実績を積み上げてきました。現在の供給戸数は、年間で500戸から600戸。目標まで、もう一歩のレベルまで近づいています。マンパワーを強化し、成長を加速させていきたいというのが、今回の募集意図です。

求めているのは、これからの品質管理グループを担っていただける人材です。言い換えれば、次世代に向けたリーダー候補と言ってもいいでしょう。若手や中途入社であっても大きな裁量を委ねられ、やりたいことがやれる。実力と意欲次第でどんどん活躍していける。それらは、いずれも阪急阪神不動産で働く醍醐味(だいごみ)です。また、グループのベースが鉄道会社ということもあって安定した経営基盤が確保されているので、腰を落ち着けて安心して働けます。さらには、残業時間も現状月平均20時間程度、年間休日120日以上などワークライフバランスにも注力しているだけに、仕事とプライベートを両立しやすい環境にある点もぜひお伝えしたいと思います。

培ってきた経験とスキルを、完成形の会社ではなく、「今まさに進化し続ける会社」「さらなる飛躍が期待できる会社」で存分に発揮してみませんか。