新着

ビジネスプランニングマネジャー【外資製薬メーカー・青山一丁目(駅直結0分)】

CSLベーリング株式会社 企業情報

  • 年間休日120日以上
  • 土日祝日休み
  • 退職金制度
  • 語学(英語)を生かす
  • 外資系
  • フレックスタイム制
  • 管理職・マネージャー

CSLベーリング株式会社

持続的成長を誇る
生物学的製剤のグローバル企業。
プロフェッショナルが
限りない成果の創出に挑む

コマーシャルエクセレンス本部長
三浦 智広

患者さんに貢献するために、ビジネスを創造し新しい未来を切り開いていきたい

CSLベーリングはグローバルな医療用医薬品メーカーで、血漿分画製剤、遺伝子組換え製剤などをお届けしており、日本においては血友病領域、免疫・希少疾患領域、救命救急・止血領域などの領域にアプローチしています。

私が統括するコマーシャルエクセレンス本部は、コマーシャル部門の活動を最適/最大化して、会社としての目標達成に貢献する中間的なセクションです。さまざまなビジネススキームの提案、データに基づく新たなビジネス提案や、各種トレーニングを通じたメンバーのナレッジやスキルの向上・変化への対応力の向上を目指して動いています。

その部署の中核を担うビジネスプランニングマネジャーの使命は、激変する製薬業界のなかで、さまざまな状況の変化を俊敏に捉えて、会社にとって最も適切なビジネスプランやビジネスプロセスを提供することです。業務としては、プライマリーリサーチやセカンダリーデータマネジメント、ビジネスアナリスト&インテリジェンスサービス、経営視点に立ったプロジェクトリーディングなど、かなり多岐におよびます。すべてを1人で担当するということではありませんが、短期間で幅広い経験値を積めるポジションであるといえます。

加えて、当社の場合、これから考えて、創造していく仕事がかなり多くなってきます。メガファーマであれば、戦略にしろビジネススキームにしろ、形はある程度でき上がっていて、オペレーションエクセレンスないしは改善が主な仕事になってきますが、当社はここから軸を作っていく段階です。そのため、ここから5年~10年後の会社を自ら創り上げたい、さまざまな人たちを巻き込んで良いチームを作り、新たな事を成し遂げたい人にはチャレンジしがいのある会社だといえます。

その一方、創り上げていく難しさもあります。自ら考え、準備したものを周囲のメンバーに理解・納得させていかないといけないので、それなりの苦労はあります。既存のメンバーも何もしてこなかったわけではないので、そうした人たちに対して、「ここを変革しましょう」という提案をしていくとなると、初期段階では抵抗感や反対意見などもみられると思います。それを乗り越えてこそ、色々なものが変わり、未来を創り上げた達成感が味わえます。そのためにも、着手したことは最後までやり遂げる姿勢が問われるのはいうまでもありません。

それだけに、ビジネスプランニングマネジャーには、物事を変化させ新たなものを創り出していくことに対する熱い想いがないといけません。求められているのは、今のオペレーションの最適化ではないのです。多くのメンバーが嫌がるような改善・変革であっても、グイグイと実行していきながら、最終的にはビジネスを創造してもらいたいと思っています。また、強い意志と組織への貢献意識も重要です。自己中心的に変革を推し進めようとすると、周りがまったくついてきません。どれだけ周囲の人に尽くす気持ち、マインドがあるかが問われてきます。

患者さんへの貢献をより果たしていくためにも、新たなビジネスを創造し新しい未来を切り開いていく、そういう発想を持ってチャレンジしていける方に、ぜひお越しいただきたいと思います。

コマーシャルエクセレンス本部
ビジネスプランニンググループ シニアマネジャー 
森永 純也

全世界的に勢いがある会社。
ビジネス人生を賭けるには相応しいフィールド

前職は外資系製薬メーカーのマーケティングでした。マーケティングの枠をこえて、さらに大きな責任をもって仕事をしたいと思ったのが転職のきっかけです。現場から全社的な仕事まで幅広く担当してきた私のキャリア、バックグラウンドを最大限に生かせるだけでなく、私がやりたかった組織活性化への貢献に挑めるポジションであることを知り、残りのビジネス人生をCSLベーリングに賭けてみたい思いました。

現在私は、ビジネスプランニングマネジャーとして、コマーシャルエクセレンス本部に属すさまざまなチームの後方支援を担っています。具体的には売上データ、MRの活動データ、社外データなどをコーディネートするとともに、分析を加え社内の課題改善、目標必達に向けた提案をしていくのが主な業務となります。他にも、ブランドプランや中期経営計画を策定するためのデータ提供や、クロスファンクションなプロジェクト支援も行っています。

社内外の多くの方々と接点を持つ仕事なので、いかに皆さんに納得をしていただいて業務の質を上げ、より高い成果を出していくかにこだわっています。日本では社員数がそこまで多くないとはいえ、さまざまな場面で質はかなり要求されます。限られたリソースで、しっかりと成果を出していく必要があるからです。そのためにも、コミュニケーションの時間を深く長く取り、お互いの意図を理解した上で次のステップに進むようにして、最終的により良いものに仕上げていくように配慮しています。

当社には、CSLに長くいらっしゃる方とメガファーマから来ている人がうまくミックスしており、良い意味でのダイバーシティが進んでいます。色々な経験・スキル・提案内容を持っている人がいて、そこを上手くつなぎ合わせていくことは、私自身も働いていて面白いです。

ビジネスプランニングマネジャーとして求められる資質はさまざまありますが、大前提となるのは、顧客のことが理解できるかどうかです。ドクターや患者さんがどういうニーズを持っているかを察知できるのがベースになります。他にも、社内のキーとなる人たちを繋げるコミュニケーション力、プロジェクトをリードする力、マネジメントの課題感に関して先手を読みながら動ける力も欠かせません。どうしても目先のことに目が行きがちですが、半年後、1年後を見据えた分析力・提案力が大切になってきます。

私自身、まずは今の仕事を突き詰めていきたいです。コンパクトで効率的なコマーシャルループを日本で確立することを目指しています。もし、それがアジアパシフィックに良い影響を与えられるのであれば、グローバルな活躍も視野に入れたいと思っています。

当社は、全世界的に勢いがあり、一緒にレベルアップしていける会社です。また、働きやすさを実感できる環境であるのも魅力。社長や本部長との距離も近いです。自分の提案をいつでも受け入れられる土壌があることもお伝えしたいですね。