新着

<正社員>品質管理(躯体監理)

株式会社クロスファクトリー 企業情報

  • 残業月20時間以内 
  • 土日祝日休み
  • 年間休日120日以上
  • フレックスタイム制
  • 資格取得支援制度

株式会社クロスファクトリー

一流の構造設計者が集まる一級建築士事務所

◆クロスファクトリーとは?◆
「案件の規模を問わず、建築構造設計・監理の仕事に誠実に対応したい」という想いを持った3名の設計士により、2003年に設立された設計事務所です。首都圏を中心に北陸、東北地方の建築物の構造計画から、構造設計・監理まで、一連の業務を手がけています。「健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)」に認定されました。

◆クロスファクトリーの取り組み◆
社員が常に最善の環境で業務に取り組めるよう、社内勉強会、資格取得支援制度、メンター制度などの制度を充実させ、働きやすい環境づくりに務めています。

◆クロスファクトリーの働き方◆
働き方改革にも積極的に取り組んでいます。用意された4つの働き方タイプの中から自分のライフスタイルに合うものを選択できる制度や、リモートワークも可能です。

現場に直行直帰でライフスタイルに合わせた勤務が可能。
品質管理部では複数の60代スタッフが活躍しています。

前職はデベロッパーで構造計画から監理まで、構造に関する一連の業務を担当していました。その頃からクロスファクトリーに仕事の相談をする機会があり、退職をきっかけに「うちで働かないか」と誘っていただき3年前に入社しました。私は現在69歳ですが、品質管理部にはほかにも60代のスタッフが複数在籍しています。

クロスファクトリーは平均年齢31歳と非常に若い会社なので、オフィスは活気にあふれています。リモートワークなど時代に合わせたシステムを積極的に取り入れているところや、新入社員のメンターが定期的に変わり、1人の先輩だけでなく色々な人の意見や考え方に触れられる制度があるのは、若い社員にとって良いことだと感じています。私たちベテランが何かを特別に教える機会はありませんが、図面について分からないことがあるときや、一級建築士の資格取得を目指す社員からの質問、現場経験がない社員からの疑問などに対して、真摯にアドバイスをするのが役割だと考えています。

基本的には現場へ直行直帰となり、本社での業務は少ないです。60代で現場に出るのはハードなのではと不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、残業はほとんどありませんし、ライフスタイルに合わせて週3日からの勤務なども相談できます。もちろん、他社でリタイアしたがまだまだ第一線で活躍したいという方も大歓迎です。今まで積み重ねてきた経験や技術を、存分に発揮できる環境が整っていると思います。

(品質管理チーム 監理部長 一級建築士/須合 和已)

疑問に思うことはとことん突き詰める。
安全のために妥協はしません。

建築業界の中では構造設計は「花形」ではなく、どちらかと言うとニッチな職種だと思います。検査が終わると建物の完成を待たずに次の現場を担当するので、いわゆる「建物が完成した!」という達成感は感じにくいのかもしれません。

しかし、さまざまな職種の人々の手が加わることで担当した建物が完成し、人が住み始めたときには「無事に完成してよかった」と毎回安堵します。この一連の流れを体験できるのが、魅力のひとつではないでしょうか。また、地震や台風などの災害が起こった後、しばらく問い合わせなどの連絡がなかったときは、自分たちのやり方が間違っていなかったこと、そして住んでいる人の命を守れたことにほっと胸をなでおろす瞬間があります。

私がこの仕事をする上で心がけているのは、基本的に手の届く範囲のものはすべて自分の手で計測すること。見えにくいところは極力色々な角度から見たり、実際に手を突っ込んでみたりして「見えないのだからこれくらいにしておこう」という妥協はしません。そして疑問に思うことがあれば、空気を読まずに根掘り葉掘り掘り下げて聞くようにしています。日本人はやんわりとしたアプローチをしがちですが、それでは大切なことを見落としてしまうかもしれないので、整合性のとれていない部分は突き詰めて確認して改善を求める。これを躊躇なくできる人、さらに自分で入手した情報をうまくまとめられる人がこの仕事に向いていると思います。

ただし物件によっては予算の関係でそこまで突き詰めることができない場合もあるので難しいところですが、正直で嘘をつかないような人に来てほしいと思っています。

(品質管理チーム リーダー/吉岡 聡也)