氷見まちづくり協議会

【年収1200万円】「忍者ハットリくんや怪物くんに会えるまち」を再生する「氷見市ビジネスサポートセンターHimi-Biz」センター長

  • 管理職・マネージャー
  • 幹部候補
  • 未経験者可
  • 勤務地限定
  • U・I ターン歓迎
  • 急募求人
  • 設立10年未満のベンチャー

藤子不二雄(A)先生のふるさと、富山県氷見市の再生を担ってくれませんか。
かつて年間約47万人いた宿泊客が約20年で半減。
飲食店や旅館をはじめとする企業の後継者不足、売上不振が課題となっています。
あなたにお願いしたい仕事は「富士市産業支援センター・f-Biz(エフビズ)」をモデルとした中小企業支援。
2020年の「Himi-Biz」開設(予定)に向けて、センター長を月額100万円で募集します。

◆NHK「クローズアップ現代+」にも登場! 全国に広がるf-Bizモデル
f-Bizモデルの中小企業支援と言えば、NHK『クローズアップ現代+』にも取り上げられるなど、
いま日本でもっとも注目を集めている仕事のひとつです。
f-Biz(エフビズ)とは、静岡県富士市にある「富士市産業支援センター」のこと。
センター長・小出宗昭氏を中心とした専門家チームによって、
売上低迷に悩む中小企業を“知恵”によって流れを変え、コストをかけずにV字回復させたという事例が
数多く生まれており、まさに行列のできる相談所となっている場所です。

さらに、全国で初めてそのf-Bizを再現した「岡崎ビジネスサポートセンター・OKa-Biz(オカビズ)」や
「Ama-biZ(アマビズ・熊本県天草市)」でも同様の成果が上がっていることから、
現在20を超える自治体にまで「ご当地Biz」が広がっています。Himi-Bizもそのひとつ。
日本の企業の99.7%が「中小企業」だと言われていますから、
中小企業を元気にすることは「地方創生」そのもの。
Himi-Bizの役割も氷見市から富山を、北陸を、そして日本を元気にしていくチャレンジだと言えます。

◆北陸初のf-Bizモデルで港町・氷見を再生してください
氷見市は、富山市から西へ約30km、能登半島の付け根の東側にある人口約4万7000人の港町です。
全国的にも有名な「ひみ寒ぶり」が水揚げされる氷見漁港を擁しており、その漁獲量は県内随一を誇ります。
かつては漁港に併設された道の駅や氷見温泉郷などへの観光客も多く、
また、氷見市は藤子不二雄(A)先生のふるさとであることから、
中心市街地商店街に点在するキャラクター目当てにファンが訪れるなど、
ピーク時には年間約47万人の宿泊客が訪れていました。

しかし、高齢化による飲食店や旅館の担い手の減少などもあり、約20年で宿泊客は半減。
市として産業支援に取り組んでいるものの、思うような成果が挙がっていないのが現状です。

そこで注目したのがf-Bizでした。氷見市では2017年頃からf-Bizや熱海市にあるA-Bizへの視察を重ね、
その成果を目の当たりにしたことから「氷見市ビジネスサポートセンターHimi-Biz」の開設を決め、
準備を進めてきました。

人口4万7000人のまちにとって年収1200万円というセンター長への報酬を含め、
f-Bizモデルの導入は大きな投資です。しかし、それでもまちの再生には不可欠の事業だと考えています。

北陸初となるf-Bizモデルの中小企業支援を通じて、私たちとともに氷見市の再生を担っていってくれませんか。

※採用後、センター開設(2020年3月予定)までの期間の内、
2カ月を目安に相談業務のスキル向上のため実地研修を受けていただく予定です
(研修開催地はf-Bizおよび岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz)。

https://www.city.himi.toyama.jp/hp/departmentTop/sangyou/syokokanko/shoko/himibiz

※藤子不二雄(A)の(A)は○にAです。

求人情報詳細

仕事内容 ■氷見市ビジネスサポートセンター・Himi-Bizのセンター長として、中小企業・小規模事業者、創業希望者の経営課題を解決し、氷見市の活性化に取り組んでください。

氷見市の中小企業・小規模事業者、創業希望者が抱える経営課題の解決に向けた伴走型のビジネスコンサルティングをお願いします。販路開拓や新分野開拓、新製品開発などを支援し売上アップを図るとともに、地域経済の活性化にも貢献していってください。

<具体的には>
・1回60分を基準とする個別経営相談
 相談者の価値を見出し、助言するのではなく、その価値を生かした課題解決策を提案。必要に応じて事業者のHP作成・SNS活用やデザイン等に関する専門家によるチームを編成し、総合的で継続的なフォローにより成果が出るまで伴走します。事業者の売上アップが、雇用の拡大と市民所得の向上に寄与します。
・企業間のマッチング、コラボレーション
 産業間、企業間の連携を促すことで新しい産業を創出。地域経済全体の生産性向上につなげます。
 また、既存の支援機関との連携により強力な支援を実施。
・セミナー、ワークショップの開催・情報発信
 事業者の売上アップや課題解決に直結するセミナーやワークショップを開催。

―――――――――
強みを見つけ、
知恵で流れを変える。
―――――――――
氷見市ビジネスサポートセンターHimi-Bizの役割は大きく分けて2つ。
ひとつは、「中小企業の売上アップ」、もうひとつは、「創業の支援」です。
1回1時間の相談のなかで中小企業や個人事業主の話にじっくりと耳を傾け、
相談者自身が気づいていないような「強み」を見つけ、
その強みが最も生きるようターゲットを変えたり、
強みを“見える化”する商品開発を促したりと、
売上アップのために知恵をしぼります。
また、必要に応じて相談者のホームページ作成やSNS活用、デザインなども
専門家によるチームで総合的にサポートします。
1社でも多くの事業者の売上を上げ、1社でも多くの起業家を支援していってください。

――――――――――――
中小企業の相談相手として
頼ってもらえる存在に。
――――――――――――
創業の手続きから新商品・サービスの開発、
販路の拡大、人材の確保まで
経営課題はさまざまです。
目指すのは、経営のワンストップ・コンサルティング。
さまざまな専門家と連携しながら、
「経営のことで悩んだら、とにかくあそこへ」。
そう思ってもらえる施設をともに目指してください。
応募条件
必須経験等
学歴不問
詳細事項
経験
次の条件をすべて兼ね備える人とします。
ア)次の能力を兼ね備えている人
・高いビジネスセンスと情報量を持ち、あらゆる経営課題に関する相談に対応できる方
・高いコミュニケーション能力があり、相談者に対し、ティーチングではなくコーチングできる方
・地域活性化への情熱を持ち氷見市の活性に貢献できる方
・地域の中小企業や起業家を尊敬し、覚悟を持って真摯に向き合える方
・中小企業・小規模事業者、創業希望者のやる気を引き出せる方
・中小企業・小規模事業者、創業希望者の真のセールスポイントや強みを引き出し、
 それらを生かした具体的な提案ができる方
・課題解決と売上拡大に向け、相談者と一緒に挑戦し、成果を挙げていくことができる方
・継続的な支援を粘り強く実施できる方
・「情熱」「スキル」「行動力」を持ち、的確な提案、支援ができる方

イ)次の要件を満たす人
・ パソコン、インターネット等のICTを活用して業務ができる方
・ 氷見市内へ通える方
・ 氷見市内で行われる二次審査(面接審査)に参加できる方

■ビジネスセンス
相談者のセールスポイント(強み)を見出し、それを売上に結びつける知恵を出す力のこと。あらゆる業種や職種、市況やトレンドなどを考慮しながら、お金をかけずに売上を上げるための方法を見つける力が求められます。

■コミュニケーション能力
強みが見つかっても、相手のやる気に火をつけることができなければ、結果に結びつくことはありません。ここで言うコミュニケーション能力とは、信頼してもらう力、聞き出す力、行動を促す力のことです。

■情熱
この仕事にどれだけの思いを持っているかは相談者に伝わります。相談を自分ごととして考え、相手のために自分ができることは何かを考え抜く。そして、結果が出るまで全力投球する。その原動力となるのが情熱です。
給与詳細 月給100万円(年収1200万円相当)
※研修期間中の給与は月額100万円とします。
(研修費は氷見まちづくり協議会が負担し、宿泊費等は実費負担とする)
※賞与および各種手当は支給しません。
雇用形態 契約社員
(一、雇用契約期間は原則2019年12月1日~2020年3月31日までとします。ただし、研修期間中(2019年12月1日~2020年2月28日)は試用期間とし、適当と認められた場合、本採用とします。 一、2020年度以降の契約は、原則、年度(4月1日~3月31日)毎の契約とします。 ※定期的に業務評価を行い雇用契約の継続の可否の判断等を行います。評価結果により雇用契約を更新しないこともあります。)
勤務地 富山県
詳細勤務
条件
勤務地
詳細
氷見市ビジネスサポートセンター Himi-Biz(富山県氷見市内)
勤務時間8:30~17:15(原則)
※ただし、セミナー等の開催や急を要する相談には、時間外でも対応していただく場合があります。
休日
休暇
原則として、日曜日、月曜日、祝日および年末年始を予定
(勤務日との兼ね合いで、休日の曜日を変更することがあります)
福利厚生等有給休暇、特別休暇、社会保険(健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金)

企業情報

企業名 氷見まちづくり協議会
事業内容 1.氷見市の中小企業者を始めとする事業者の売上増に重点を置いた支援を行う氷見市ビジネスサポートセンター事業

2.中心市街地の観光客流入と中心市街地の活性化と賑わい創出に重点を置いたエリアマネジメント事業
設立年月日 2019年5月15日
住所 〒 935-0013
富山県氷見市南大町10-1

応募にあたって

応募方法 「この求人に応募」よりエントリーください。
その後、氷見市募集サイトより応募申込書をダウンロードし、
必要事項をご記入のうえメールもしくは郵送にて送付ください。
※Himi-Bizがモデルとするf-Bizについて深くご理解いただくために
小出宗明氏の著作等を熟読のうえご応募ください。
※応募締切:2019年7月22日(月)必着

【PCメールの場合】
送信先  氷見市役所 産業振興部 商工観光課(fumihiro.murakami@city.himi.lg.jp) 
※件名は「Himi-Bizセンター長等応募(応募者の氏名)」としてください。

【郵送の場合】
宛先  〒935-8686  富山県氷見市鞍川1060番地
「氷見市役所 産業振興部 商工観光課 Himi-Bizセンター長等採用係」宛
※簡易書留郵便で郵送してください。

【選考の流れ】
応募→書類審査→面接→採否決定
お問い合わせ 氷見市役所産業振興部商工観光課
〒935-8686  富山県氷見市鞍川1060番地
電話 0766-74-8105(直通)
PCメール  fumihiro.murakami@city.himi.lg.jp