株式会社足利銀行

株式会社足利銀行

企業情報

企業名 株式会社足利銀行
事業内容 普通銀行業務(地方銀行)
※栃木県に本店を置き、北関東および埼玉県を営業エリアとする地方銀行
設立年月日 1895年(明治28年)10月1日
代表者 代表取締役頭取 松下 正直
資本金 1350億円
預金量 5兆2245億円(平成28年3月末現在)
職員数 2889人(平成28年3月末現在)
URL http://www.ashikagabank.co.jp/
所在地 〒320-8610
栃木県宇都宮市桜4-1-25
地域のメインバンクを目指して ■めぶきフィナンシャルグループ誕生
株式会社常陽銀行と株式会社足利ホールディングスは、平成28年10月1日に株式交換方式により経営統合し、常陽銀行・足利銀行を子会社とする金融持株会社「株式会社めぶきフィナンシャルグループ」が発足いたしました。

■経営基盤
栃木県に本店を置き、北関東および埼玉県を中心に店舗展開をしており、東京に近い立地や、近年開通した北関東を横断する北関東自動車道により、経済的にもポテンシャルの高いエリアです。
また、創業からの長い歴史に裏づけされたお客さまとのリレーションがあり、県内トップバンクとしての強固な営業基盤を有しています。

■企業理念
『企業理念』は、足利銀行のすべての行動の原点となる考え方を示したもので、「存在意義」「経営姿勢」「行動規準」から構成されています。わたしたちは、この企業理念のもとで地域の総合金融機関として、地域社会のお客さまの信頼と期待にお応えできるようにつとめています。

 〇存在意義 ”豊かさの創造に寄与する”

 〇経営姿勢 ”地域と共に生きる”

 〇行動規準 ”誇りと喜びをもって行動する”

■地域密着金融への取組み
足利銀行では、「経営目標」の一つとして、『リレーションシップバンキング~地域を軸とした経営』を以下のとおり定め、地域密着型金融への取組みを恒久的なものとして位置づけております。

 〇「取引先企業に対するコンサルティング機能の発揮」
 
 〇「地域の面的再生への積極的な参画」
 
 〇「地域や利用者に対する積極的な情報発信」

 の3項目を重点事項として、各種施策に取り組んでおります。※詳細はHPをご覧ください。

今後とも、地域金融機関として、地域における密度の濃いコミュニケーションに基づき、円滑かつ適正な資金供給と金融サービスの提供に全力を尽くすことにより、地域ならびにお客さまの安定・発展に貢献していきます。