国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

核燃料サイクル工学研究所におけるエンジニア(定年制・技術系職員)

  • 資格取得支援制度
  • 離職率5%以下
  • U・I ターン歓迎
  • 育休・産休・介護休暇実績あり
  • 従業員1000名以上
  • 土日祝日休み

女性のエンジニアも活躍しております!
リケジョ・リケダンの多くのご応募をお待ちしております。

女性のエンジニアも活躍しております!
リケジョ・リケダンの多くのご応募をお待ちしております。

原子力研究開発の中核研究拠点で、エンジニアとして活躍してみませんか。

日本原子力研究開発機構は、国内唯一の原子力に関する総合的研究開発機関として原子力のエネルギー利用に関する研究開発をはじめ、原子力の基礎・応用研究まで幅広い研究開発を展開しております。

核燃料サイクル工学研究所では、核燃料サイクル技術の民間移転を目指して、原子炉で使用した使用済燃料の再処理技術開発、再処理したウラン、プルトニウムを活用した燃料製造技術開発、放射性廃棄物の処理処分技術開発、福島第一原子力発電所の廃止措置に向けた研究開発等を行う研究課発拠点です。

今回の募集では、上記の技術開発に関する業務を行うエンジニアを募集します。
原子力関係のみならず、電気計、機械系、化学系など、様々な専門分野の業務経験をもった方の応募をお待ちしています。

求人情報詳細

仕事内容 ■核燃料サイクル工学研究所における核燃料サイクル及びバックエンドの技術開発に関する業務

日本原子力研究開発機構・核燃料サイクル工学研究所における研究開発施設の管理(設備運転、点検、保守、補修など)および試験などに関する業務に従事していただきます。

 (1)MOX燃料技術及び使用済燃料再処理技術等の高度化技術開発
 (2)再処理施設及びその他核燃料サイクル施設の廃止措置技術の技術開発
 (3)あらゆる放射性廃棄物の処理処分実現のための技術開発
 (4)その他、上記に付帯する業務

上記業務分野において、実際のプルトニウム等を用いた小型試験装置による基礎的研究開発、実証試験施設の設計・建設及び運転・保守を通じた工学的技術開発、施設の廃止措置に必要な技術の統合的技術開発、放射性廃棄物の物理化学的安定処理に関する創造的研究開発等に従事する。さらに、これらを通じて得られる技術的ブレークスルーやイノベーションを世界的に共有・展開するため、成果を論文等に取りまとめ、国際会議等で発表・公表する。
応募条件
必須経験等
学歴大卒以上
詳細事項
経験
応募時点で在学中でない方であって、次の要件を満たす方が応募対象です。

(1)大学卒業以上の学歴を有する方
(理学系;数学・情報、物理、化学、生物・農学、地学・地球化学、原子力・量子理学)
(工学系;機械・システム工学、電気・電子、材料、土木建築、環境工学、原子力・量子工学)

(2)原則、昭和59(1984)年4月2日以降に生まれた方
 期間の定めのない労働契約で長期勤続によるキャリア形成などを目的として募集するため

※核燃料取扱主任者、放射線取扱主任者、技術士、電気主任技術者等の有資格者及び資格取得を目指す者、プラントの運転・保守業務経験者など、実務経験のある方が望ましい。
給与詳細 経験年数を考慮し、当機構の規定により決定いたします。

≪参考:初任給≫
 高校卒:162,600円(平成30年4月実績)
 高専卒:177,400円(平成30年4月実績)
 学部卒:200,000円(平成30年4月実績)
 修士修了:215,900円(平成30年4月実績)
 博士修了:255,400円(平成30年4月実績)

≪手当・賞与など≫
・手当:通勤手当、扶養手当、住居手当、研究手当など
・昇給:年1回
・賞与:年2回
雇用形態 正社員
(定年制職員(技術系)としての採用。試用期間6カ月あり)
勤務地 茨城県, 北海道, 青森県, 福島県, 東京都, 千葉県, 福井県, 岐阜県, 兵庫県, 岡山県, 北米, 欧州
詳細勤務
条件
勤務地
詳細
茨城県那珂郡東海村大字村松4番地33
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 
核燃料・バックエンド研究開発部門 核燃料サイクル工学研究所内
※ 配属先については、本人の特性等を考慮し決定する
勤務時間■勤務時間
9:00-17:30(時間外労働を行う場合あり)
※勤務地により勤務時間が異なることがあります
※勤務部署によっては、交替勤務があります
※一部の所属・勤務地において、条件に合致する場合にフレックスタイム制、裁量労働制を適用することができます

■休憩時間
12:00-13:00(1時間)
※業務に応じて休憩時間の開始時刻および終了時刻が変わる場合があります
休日
休暇
完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)、創立記念休日、年次休暇、夏期休暇、介護休暇制度、育児休業制度など
福利厚生等○社会保険:健康保険、厚生年金保険、企業年金基金、雇用保険、労災保険
○宿舎:家族用宿舎、独身・単身寮
○その他:財形制度、互助会組織など
※応募の詳細は「応募方法」の欄を参照してください

企業情報

企業名 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
事業内容 国内唯一の原子力に関する総合的研究開発機関として原子力のエネルギー利用に関する研究開発をはじめ、原子力の基礎・応用研究まで幅広い研究開発を展開しております。

1)原子力発電所事故を踏まえた研究開発
2)高速炉サイクル技術の確立に向けた研究開発
3)高レベル放射性廃棄物の処理・処分技術に関する研究開発
4)中性子を利用した研究開発 など
設立年月日 平成17年10月1日
住所 〒 319-1184
茨城県那珂郡東海村大字舟石川765番地1
※応募の詳細は「応募方法」の欄を参照してください

応募にあたって

応募方法 当機構の採用ページに掲載している募集要項を確認していただき、当機構の指定の様式および必要提出書類を以下の宛先に郵送してください。

【採用ページ】
https://www.jaea.go.jp/saiyou/career/267/

【郵送先】
〒319-1184
茨城県那珂郡東海村大字舟石川765番地1
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 人事部人事課 宛
※封筒に「技術系職員応募書類(核燃料・バックエンド研究開発部門・核燃料サイクル工学研究所)」と朱書きすること

【締切】
平成30年12月7日(金)必着
お問い合わせ 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 
核燃料・バックエンド研究開発部門 核燃料サイクル工学研究所
労務課:笠松 康洋、田口 隆浩
TEL:029-282-9040
FAX:029-282-1469
E-mail:jinji-saiyo@jaea.go.jp
※応募の詳細は「応募方法」の欄を参照してください