株式会社Widge(本社)

株式会社Widge (本社)

  • 事務・管理・企画
  • 経営幹部・コンサル
  • 転職成功事例あり

利根 沙和 (トネ サワ)

コンサルタント歴:5年

性別:女性

得意分野

ベンチャー企業 自らもベンチャーでの管理部門経験を持つため、フェーズごとに必要な組織デザインが描け、潜在的な採用ニーズを引き出せています。同じ境遇で経験してきた立場だからこそ理解できることも多いと自負しております。
若手求人 管理部門での業務は、若いうちに多くの経験を積めるかどうかも大きいという思いもあり、そのようなチャンスを含んだポジションを多くご提案しています。

このコンサルタントの転職成功事例

性別:女  年齢:31歳  学歴:大卒  文理:文系

  • 転職前

    • 業種 :監査法人
    • 職種 :その他(スペシャリスト) 
    • 職位 :監査チーム
    • 年収 :700万円
  • 転職後

    • 業種 :家電・AV機器
    • 職種 :経理・財務
    • 職位 :アカウンティングチーム
    • 年収 :600万円

大手監査法人にて監査経験4年の女性が、今後のキャリアを考え事業会社への転職を実現されました。グローバルに活躍したいとのことで、大手家電メーカーの連結決算(IFRS)チームへと転身を遂げました。監査法人時代に比べると、年収はやや下がりましたが、働き方も改善され、毎日が充実されているようです。

性別:男  年齢:60歳  学歴:大卒  文理:文系

  • 転職前

    • 業種 :商社(総合)
    • 職種 :その他
    • 職位 :常勤監査役
    • 年収 :1200万円
  • 転職後

    • 業種 :EC・ポータル・ASP
    • 職種 :その他
    • 職位 :常勤監査役
    • 年収 :600万円

大手商社にて長年勤務され、直近はグループ会社の常勤監査役として活躍されていた方が、「これまでの経験をこれからの成長企業のために」ということで、早期退職制度に応募。スタートアップの常勤監査役として、成長ベンチャーを支える決断をされました。若い社員の方々と共にエネルギー溢れる毎日を過ごされています。

性別:女  年齢:26歳  学歴:大卒  文理:文系

  • 転職前

    • 業種 :小売業(百貨店・専門店・スーパー・CVS)
    • 職種 :人事・労務
    • 職位 :新卒採用担当
    • 年収 :300万円
  • 転職後

    • 業種 :WEBインテグレーター
    • 職種 :人事・労務
    • 職位 :人事・広報スタッフ
    • 年収 :350万円

小売業を営む中堅企業に新卒で入社され、人事部への配属後は新卒採用担当として3年の経験を積まれてこられた女性が、「採用業務だけでなく更に幅広い業務に携わりたい」という思いで転職を決意されました。複数社からオファーが出る中、IPO準備中のITベンチャーより「人事の幅広い業務に加え、広報業務も同時にお願いしたい」というオファーがあり、ご自身の可能性を広げるために同社に転身されました。SNSを上手に活用した広報・採用戦略をご自身で考えられながら業務に携わられており、とてもイキイキとされています。

性別:男  年齢:43歳  学歴:大卒  文理:文系

  • 転職前

    • 業種 :小売業(百貨店・専門店・スーパー・CVS)
    • 職種 :経理・財務
    • 職位 :ファイナンスマネージャー
    • 年収 :1300万円
  • 転職後

    • 業種 :EC・ポータル・ASP
    • 職種 :CFO
    • 職位 :執行役員管理部長(CFO)
    • 年収 :1300万円

大手小売りチェーンのファイナンスマネージャーが、これまでの経験(ファイナンス、M&A、経営企画等)を活かして、経営ボードに就きたいという意向で転職活動を開始されました。取締役前提のCFOポジションに複数社トライされ、そのうち2社からオファー。結果的にマザー上場企業から執行役員(次回総会で取締役就任予定)ポジションでオファーがあり、同社への入社を決められました。資本政策・資金調達・投資家対応(IR全般)・M&Aなど、経営陣として多岐に渡る業務に携わるようになり、「とても刺激的で充実しています。」とのことです。

性別:男  年齢:38歳  学歴:大卒  文理:文系

  • 転職前

    • 業種 :食品・医薬品・化粧品
    • 職種 :法務
    • 職位 :法務マネージャー
    • 年収 :700万円
  • 転職後

    • 業種 :コンサルティングファーム・シンクタンク
    • 職種 :法務
    • 職位 :法務部長
    • 年収 :800万円

大手製薬メーカーにて国際法務を経験されてこられた方から、年収アップ・ポジションアップを見据えて転職のご依頼がありました。同規模の企業ではなかなかポジションアップが難しい状況のため、もう少々コンパクトなサイズの企業を選択され、複数社からオファーが出ました。その中の1社で、医療系のコンサルティング事業を手掛ける非上場企業に法務部長として転職をされています。これまでの国際法務の経験をそのままに、且つ法務部の中長期戦略を描きながら、メンバーマネジメントにも尽力されています。

コンサルタントからのメッセージ

私も経理や人事など管理部門業務全般を経験しています。

私はかつて、ベンチャー企業の管理部門責任者として、数名のマネジメントを行いながら全般の業務を担当していました。
具体的には、経理(日常経理、税務申告、月次・年次決算など)、財務(資金繰り、金融機関交渉を含む資金調達など)、人事総務(採用、労務、評価、取締役会・株主総会対応など)、法務(契約書作成・審査・交渉など)に加え、経営企画(予実分析、事業計画書策定など)も含め、経営者の参謀として奔走していました。
管理部門業務のやりがいを身に染みて感じているからこそ、より良いキャリアへ進んで頂きたいという思いを強く持ってお会いさせて頂いております。