株式会社Widge(本社)

  • ベンチャー企業
  • 大手・上場企業
  • 若手求人

株式会社Widge (本社)

管理部門(コーポレート部門)系の職種に特化し、かつ、あまり公に募集をしていないコンフィデンシャル案件がメインのエグゼクティブエージェントです。

当社は、管理部門系職種(経理、財務、経営企画、人事、法務、総務、監査、IR、広報、秘書など)、または、公認会計士、税理士、弁護士などのスペシャリストに専門特化した精鋭エージェントです。

経験の浅いキャリアコンサルタントがお会いするのではなく、管理部門系の転職支援に精通したコンサルタント、もしくは自らが管理部門の実務経験を持つコンサルタントのみで構成されているため、より深くご相談をお受けすることが可能と自負しております。

また、独自ルートからの依頼に基づく非公開案件(コンフィデンシャル案件)が多いため、一般の人材紹介会社には降りていないレアな求人をお届けできるかと思います。

得意な分野

ベンチャー企業 ベンチャーキャピタル、エンジェル投資家、会計事務所、法律事務所、証券会社、監査法人、証券印刷会社、IPOコンサルタント等とのリレーションにより、シードからレイターまで、各ステージのベンチャー企業における採用ニーズが入って参ります。
企業のステージに応じた管理部門の在り方を当社からも提唱しており、潜在的な(特にマネジメントポジションの)コンフィデンシャルニーズが発生するケースが多い状況です。
大手・上場企業 上記の通り、多くのベンチャー企業における管理部門の採用支援を行っているためIPOそして本則への市場変更に至る過程においても、もちろん管理部門内での採用ニーズが定期的に発生します。
大手・上場企業の中でも成長を続けている(組織が細分化されていない)企業からのニーズが多く、またベンチャー時代から付き合いのある役員から直接依頼をいただくケースも多いため自動的にコンフィデンシャル案件が多くなる状況です。
若手求人 大手・上場企業であっても、歴史を重ねた企業(旧態依然の年功序列型企業)よりは、組織も成長を続けている企業が多いため、若い方々のポテンシャルを必要としている企業も多く、また年齢に関係なくミドルからマネジメントポジションを任せたいというニーズも多くいただいています。
  • 「量」より「質」を。

    当社では、「独自ネットワークから定期的に依頼を受けるコンフィデンシャル案件」をメインに取り扱いながら、転職相談にお越しいただいた方のご希望に合わせた(カスタマイズした)「ダイレクトアプローチから発生する独占案件」なども手掛けています。
    大手人材紹介会社のような均一的なPUSH型営業を行っていない分、次から次へと大量の求人をご紹介することは難しいのですが、コンフィデンシャル案件・独占案件のような特別ポジションをご提案させていただきます。

  • 双方におけるコーディネートを。

    人材紹介会社の多くは、RA(営業)とCA(カウンセラー)に分かれているため、実際に当該企業のことを把握していないCAから紹介を受けることが多くなります。
    当社では、実際に自らが足を運んだ企業のみをご案内させていただくため、一定の企業理解がなされています。また、事前確認や面接の日程調整、条件交渉などもダイレクトに企業側とコミュニケーションを取ることができるため、よりスムーズに選考を進めることが可能となっております。

  • キャリアへの理解あるコンサルタント陣。

    人材紹介会社の多くは、総合的な転職支援を行っているため(特化型といっても「業界」特化が多いため)経験職種・経験職域に関する理解度が少ないのが現状です。
    また、仮に「職種」特化型の紹介会社であったとしても、経験の浅いキャリアコンサルタントが対応をするため、理解力に乏しいのが実情です。
    当社は、管理部門特化の人材紹介会社をトップコンサルタントとして牽引してきた(数多くの転職支援実績を有する)代表を筆頭に、自らも経理や人事としての職歴を持つコンサルタントなどで構成されているため、キャリアへの共感度が高く、より深くご相談をお受けすることが可能と自負しております。

人材紹介会社事業所情報

事業所名 本社
厚生労働大臣許可番号 13-ユ-306749
紹介許可職種 【管理部門(コーポレート部門)系職種】
<経理>…決算、税務、管理会計、原価計算、英文会計、
 有価証券報告書作成など
<財務>…資金調達、資金運用、財務戦略、資本政策など
<経営企画>…事業計画策定、予算管理、予実分析、IPO、
 M&Aなど
<人事>…採用、労務管理、各種人事制度など
<法務>…契約、コンプライアンス、商事・国際法務、
 知的財産など
<総務>…プロパティマネジメント、ファシリティ、
 株式管理など
<監査>…常勤監査役、内部監査、内部統制など
<IR>…適時開示、決算関連資料作成、決算発表対応、
 アナリスト・投資家対応など
<広報>…PR戦略、プレスリリース作成、
 メディアリレーション、取材対応など
<オフィスワーク>…秘書、営業事務、一般事務、貿易事務など

【各種スペシャリスト】
公認会計士、USCPA、税理士、弁護士、公認内部監査人、社会保険労務士など
連絡先・住所 〒1030027
東京都東京都中央区日本橋2-1-17 丹生ビル3F

※別途、東京駅・丸の内側にサテライトオフィス(応接用ラウンジ)を設けており、基本的にはそちらでお会いさせて頂いております。
TEL:03-6868-3690 
交通 【本社】
各線「東京駅」八重洲口より徒歩3分

【サテライトオフィス(応接用ラウンジ)】
各線「東京駅」丸の内口より徒歩5分、各線「大手町駅」D6出口直結

トップからのメッセージ

「管理部門」のさらなる組織的価値・社会的価値の向上を。

【 代表取締役:柳橋 貴之 】

「管理部門=間接部門(コストセンター)」、「管理部門=事務職」…などのように捉えられるケース、この時代でもまだ耳にすることがあります。
私の経験上、財務戦略、人事戦略、リスクマネジメント戦略など、管理部門から企業成長に寄与する役割は多々存在します。
管理部門は、「事務職」ではなく「専門職」であり、「間接部門」ではなく「直接部門」でなければならないという思いを常々持っており、付加価値を生み出すことで「コストセンター」ではなく「プロフィットセンター」となるべき部門であると思っております。
管理部門に所属する方々ならびに所属しようとしている方々の、組織的(社会的)価値・地位の向上をミッションに掲げ、様々な取り組みも行っています。

【代表略歴】
リクルートHR媒体の営業を3年経験後、2005年に管理部門専門特化の人材紹介会社に入社。入社以来、トップコンサルタントとして活躍し、最年少の28歳で管理職に就任。プレイングマネジメントで全体を牽引し、現在同社は国内最大手に成長。
在籍中、社長室長などを歴任する一方、エグゼクティブ向け部門も自ら設立。CFO、管理部長、法務部長、人事部長、監査役など管理部門エグゼクティブへのアドバイザーとして、多くのエクセレントパーソンと面会。
累計2000名超の転職希望者とキャリア面談を行い、管理部門分野における成約は国内エージェントトップクラスの実績を誇っています。
2014年、株式会社Widgeを設立。 「管理部門の価値を向上させ、企業成長・経済成長に貢献する」をミッションに、日々疾走しています。

求人情報

コンサルタント

会社概要

  • 代表者:代表取締役 柳橋貴之
  • 本社住所:東京都中央区日本橋2-1-17 丹生ビル3F
  • URL:
    http://www.widge.co.jp/

事務所情報