クレジットアナリスト

求人会社名 : 会社名非公開

  • エージェント取り扱い求人

募集要項

仕事内容 職務内容
●ファンダメンタル分析:投資対象先(社債等発行体)について、内部格付モデルに基づき定量面および定性面から分析を行いクレジット・レポートを作成すること(一部レポートは英語)
●業界分析:定量・定性分析の前提となる業界分析・セミマクロ分析を行うこと
●商品性分析:CDS、ABS、資本性負債等への投資にあたって商品性を踏まえた意見表明を行うこと
●相対価値分析:金融市場データと上記ファンダメンタル分析を総合し相対価値分析を行い、ポートフォリオ・マネージャーの投資判断材料を提供すること
●情報収集:IR説明会へ参加するほか、外部リソースとコンタクトを持つこと
●BloombergやQuick等情報端末を用い日次、週次、月次管理資料や各種説明資料を作成すること
●その他資料作成・説明:各種運用会議等の資料作成・説明(資料・説明は英語の場合もあり)
●上司:クレジット調査部長にレポート
応募資格 経験・資格等
●経験年数:金融機関・格付機関等における証券分析業務経験5年から10年くらいが望ましい
●業務経験:年金向け国内債券アクティブ運用を行う運用機関でのクレジット・アナリスト経験があれば尚可、エクイティ・アナリストについては要相談
●資格:証券アナリスト、CFAのいずれかの資格保有が望ましい
●日本語:ネイティブ、英語:ビジネスレベル

求められる資質/業務姿勢等
●価値観の共有:弊社クレジット・リサーチの目的(信用力分析に留まらず、クレジット投資推奨によるポートフォリオでの付加価値の獲得に貢献する)を共有すること
●(外部データ、業界情報、関連する法令、証券会社アナリストなど市場関係者の見方、格付機関の動向など)高い情報収集能力を有する一方、必要に応じ同僚と協働し、自己完結的にポートフォリオ・マネージャーへのタイムリーな情報発信を行うこと(必要に応じ英語での説明も求められる)
●弊社海外リソース(ボストン、トロント、香港など)とのコンタクトを通じたグローバルな視点でクレジット分析を行うこと
●担当先の個社分析にとどまらず、横断的な視点から意見表明を行うこと
●新商品への投資、新規投資先の発掘にあたり限られた時間の中で十分な調査を行うこと
●部内取り決め事項、リサーチプロセスを十分に理解する一方で、よりよい手法・プロセスを提案・模索し実現していくこと
●同僚との意見・情報交換を積極的に行いバランスあるクレジット・投資判断を目指すこと

勤務地 東京都
勤務時間 規定による
年収・給与 規定による

求人会社概要

求人会社名 会社名非公開
概要 大手運用会社
業種 投信・投資顧問

この求人の取扱い紹介会社

タイグロンパートナーズ株式会社 (本社)

タイグロンパートナーズ株式会社(本社)

担当コンサルタント

野尻 剛二郎 (ノジリ コウジロウ)

コンサルタント歴 : 14年

  • 金融
  • 企業と密なリレーション
  • 業界知識豊富
  • 出張面談あり
  • 金融・不動産