岡三ビジネスサービス株式会社(本社)

岡三ビジネスサービス株式会社 (本社)

担当コンサルタント

中川 眞由美
(ナカガワマユミ)

本社

新着 【戸建、マンション等:リフォーム設計】『オリコン日本顧客満足度ランキング』トップクラスです

求人会社名 : 会社名非公開

求人ID : NA30-28

  • 勤務地限定
  • 資格取得支援制度
  • 自社サービス製品あり
  • 育休・産休・介護休暇実績あり
仕事内容 【戸建、マンション等:リフォーム設計】
お持ちの経験や知識を考慮し、経験に応じて対応頂きます。
※同時並行で2~3現場、又はPJを担当して頂きます。
※施工開始後は施工担当者へ引継ぎます。

具体的には・・・
・営業と同行し、お施主様の要望等ヒアリング
・現地調査
・設計業務
・お施主様へ設計内容確認、修正
 
仕事の流れとして・・・ 
【1】営業担当が工事内容のヒアリングと現地調査  
【2】『設計担当』と営業で打ち合わせてプラン作成へ  
【3】『設計担当』がプランイメージを図面に  
【4】営業がお客様に概要をお伝え  
【5】『施工管理』と営業で打ち合わせ  
【6】『施工管理』外注手配、施工現場の品質・安全・工期管理管理
【7】営業が引き渡し及びアフターフォロー
応募資格 【必須要件】
・住宅、非住宅の設計業務経験
※戸建住宅・集合住宅、ビル、新築、リフォーム等
・2級建築士以上の資格

【あれば尚可】
・戸建・マンションのリフォーム設計経験
勤務地 東京都, 宮城県, 神奈川県, 千葉県, 埼玉県, 茨城県, 愛知県, 三重県
【通勤可能な以下何れか】
・宮城県仙台市
・埼玉県さいたま市
・茨城県水戸市
・茨城県つくば市
・千葉県千葉市
・東京都世田谷区
・東京都墨田区
・神奈川県横浜市
・愛知県名古屋市
・三重県津市
勤務時間 ・フルフレックス勤務制度
※標準労働時間:7時間45分
※標準的な勤務時間⇒9:00~17:45・10:00~18:45
※ワークライフバランス推進の為、フルフレックス勤務制度導入
※直行・直帰有
年収・給与 300万円~550万円
想定年収:300万円~550万円
※経験・能力・前職給を考慮
※年収例として・・・
30歳:420万円
35歳:470万円
40歳:550万円
※別途、残業代を支給(実残業)
※月平均残業時間:20~30時間
※勤務エリアにより給与水準が異なります
・昇給:年1回
・賞与:年2回
待遇 ・社会保険完備(グループ健保加入)
・交通費支給(車通勤可⇒通勤手当規定あり)
・転居伴う転勤は基本なし
・家族手当:8000円/月(育英補助)
・慶弔見舞金
・資格取得支援制度
・業績表彰制度
・勤続記念制度
・グループ共済会加入
・福利厚生カフェテリアプラン制度
・財形貯蓄制度
・グループ天災救援基金
・育児・介護・ワーク&ライフサポート勤務
・グループ保養施設
・営業車・携帯電話・iPad貸与
・試用期間あり:3ヶ月
休日・休暇 ・週休2日制:水・日・祝日
※会社カレンダーに基づく
・年間休日:117日 
・夏期休暇
・年末年始
・年次有給休暇:初年度から22日あり
※4月1日入社の場合

求人会社概要

求人会社名 会社名非公開
設立 5年以上~(グループ:創業100年以上~)
資本金 40百万円以上~
従業員数 900名以上~
概要 【事業内容】
リフォーム工事の請負、設計、施工管理、アフターサービス業務
業種 建設 住宅・建材・エクステリアメーカー

この求人の担当コンサルタント

担当コンサルタント詳細

  • その他業界
  • メディカル
  • 親身なコンサル
  • 履歴書添削あり
  • 面接同行あり
  • 事務・管理・企画
  • その他(クリエイティブ・医療系)
  • 建築・土木・施工管理関連
  • 転職成功事例あり

中川 眞由美 (ナカガワマユミ)

コンサルタント歴 : 12年

性別 : 女性

得意分野

その他業界 弊社グループの特徴から「金融業界の案件のみを取り扱っているのでは?」とのご質問をいただくことがありますが、実はそうではありません。
とくに事務・管理系職種は求人企業もさまざま、若手の方からマネジメントクラスまでお手伝いをさせていただいています。ぜひご相談ください。
メディカル 医療・福祉・介護系の求人案件は、業界の成長と合わせて急激に増えていますが、当社では働く人々も大切にしていらっしゃる施設の求人など、皆様に本当にご紹介したい案件のみを取り扱っています。

コンサルタントからのメッセージ

活躍のステージは、100周年を迎えたばかりの大手家電メーカーグループです。お客様への信頼感を高めつつ、安定成長を続けています。2年連続『オリコン日本顧客満足度ランキング』マンション部門でトップとなりました。期待が高まる今、技術職の増員募集を行うことになりました。長年蓄積してきた技術力や設計提案力があります。その上何よりグループの総合力・商品力・知名度が最大の武器であり、味方となります。