岡三ビジネスサービス株式会社(本社)

岡三ビジネスサービス株式会社 (本社)

担当コンサルタント

中川 眞由美
(ナカガワマユミ)

本社

新着 【社内システム開発職】要件定義からプロジェクトマネジメントに至る上流工程をご担当頂きます。

求人会社名 : 会社名非公開

求人ID : NA28-203

  • 上場企業
  • 従業員1000名以上
  • 年間休日120日以上
  • 土日祝日休み
  • 住宅補助制度
  • 資格取得支援制度
  • 育休・産休・介護休暇実績あり
仕事内容 【社内システム開発職】
情報システム部門の業務用システム開発、運用担当としてお迎えします。

具体的には・・・
・ユーザー部門と開発委託先企業をつなぐ要として、
 要件定義からプロジェクトマネジメントに至る上流工程をご担当頂きます。
・その他、システム開発、改修申請や作業申請など、IT内部統制に関連する
 各種申請、プロジェクト管理業務もご担当頂きます。

プロジェクト規模としては・・・
・数万円レベルの小規模改修から、100人月を超える大規模開発案件まで様々。
 得意分野・習熟度に合わせご担当頂きます。

担当システムとしては・・・
・人事、経理、受発注管理といったものから営業支援、工事積算・予算管理迄、
 設計(CAD)ツールを除く全システムが対象となります。

キャリアプランとしては・・・
・総合職としてお迎え致しますが、社内システム部門にてキャリアを積み、
 徐々に大きなプロジェクトを担当頂く予定です。
応募資格 【必要な資格経験】
・業務用システム(種別不問)開発プロジェクトにおいて、
 要件定義含むプロジェクトリーダーの経験をお持ちの方。

※上記に該当すれば、SIerご出身の方も歓迎。
※使用言語はJava、C#、VB.net、及び.NET Frameworkが中心ですが、
 ベンダーと会話ができるレベルの知識があれば、対応可能。
勤務地 東京都
東京都港区(本社:転勤当面なし)
※JR最寄駅:徒歩15分
(タクシー5分)
※地下鉄最寄駅:徒歩5分
勤務時間 8:30~17:30(休憩60分)
年収・給与 440万円~550万円
モデル年収として・・・
・30才:440万円
・35才:510万円
・40才:550万円
※あくまでも年収例です。
 実際は、資格・経験等を勘案して設定。
※賞与:年2回(6月、12月)
(昨年実績4ヶ月)
待遇 ・役職、役付手当
・住宅手当
・家族手当
・時間外手当
・資格取得祝金(1万円~数十万円)
※資格取得バックアップ制度有
・社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
・退職金制度あり
・財形貯蓄 
・従業員持株会 
・独身寮 、社宅 
・保養所 
・契約ホテル 
・契約スポーツクラブ 他
・試用期間あり:6カ月
※この間は賞与・家族手当は対象外
休日・休暇 ・週休2日制(土、日、祝日)
・年間休日:126日
・GW、夏季、年末年始
・創立記念日
・慶弔休暇
・功労休暇
・リフレッシュ休暇
・ボランティア休暇
・介護休暇 
・育児休暇 
・有給休暇(初年度10日、次年度16日、
 最高5年目20日/繰り越し・積み立て含め70日) 他

求人会社概要

求人会社名 会社名非公開
設立 70年以上~
資本金 100億円以上~
従業員数 6000名以上~
概要 ≪工事の企画から設計・施工・メンテナンスまで一貫した総合設備企業≫
【1】屋内線・環境設備部門
・屋内電気設備工事、電気制御・計装設備工事、リニューアル工事
 空調・給排水設備工事、地域熱供給設備工事
【2】電力設備
・配電線設備工事、送電線設備工事、発電所関連工事、変電所関連工事
【3】情報通信設備
・光ファイバー網構築工事、移動体通信関係工事、放送メディア設備工事 等
業種 鉄道・陸運・海運・航空・電気・ガス・水道・エネルギー 設備・プラント

この求人の担当コンサルタント

担当コンサルタント詳細

  • その他業界
  • 親身なコンサル
  • 履歴書添削あり
  • 面接同行あり
  • 事務・管理・企画
  • その他(クリエイティブ・医療系)
  • 建築・土木・施工管理関連
  • 転職成功事例あり

中川 眞由美 (ナカガワマユミ)

コンサルタント歴 : 12年

性別 : 女性

得意分野

その他業界 弊社グループの特徴から「金融業界の案件のみを取り扱っているのでは?」とのご質問をいただくことがありますが、実はそうではありません。
とくに事務・管理系職種は求人企業もさまざま、若手の方からマネジメントクラスまでお手伝いをさせていただいています。ぜひご相談ください。

コンサルタントからのメッセージ

日本を代表する総合設備企業です。電力の上流から下流までカバーする、幅広い領域で事業を展開しています。2020年東京オリンピック・パラリンピック開催による建設工事需要拡大、主要都市の再開発の需要拡大を視野に入れ、5年後の2020年に掲げている売上目標達成を目指して、従業員数を現状より経験者中心に1500名増加させる計画を立てています。中期経営計画に沿って、再生可能エネルギー発電事業をスタートさせるなど、事業領域の拡大を具体化しています。