株式会社グレイス(本社)

株式会社グレイス (本社)

【大手エネルギー開発企業】環境部門/気候変動対応担当

求人会社名 : 大手エネルギー開発企業

求人ID : I-11615-2

  • 上場企業
  • 従業員1000名以上
  • 年間休日120日以上
  • 土日祝日休み
  • フレックスタイム制
  • 駅徒歩5分
  • 住宅補助制度
  • 急募求人
  • 業務経験不問・業界経験歓迎
  • 語学(英語)を生かす
  • 育休・産休・介護休暇実績あり
仕事内容 【職務内容】
トップマネジメントに近い経営企画ユニットの即戦力として、以下のような課題への対応を企画・立案し、その実現に取り組んでいただきます。
・当社グループの気候変動対応方針の策定及び定期的な見直し
・低炭素社会エネルギー需要シナリオの活用及び定期的な見直し
・2℃シナリオヘの対応力の財務的評価、及びNPV変化率等による経営分析
・年次サイクルでの気候変動関連リスク及び機会の評価
・インターナルカーボンプライスの運用
・当社グループアセットの物理的リスク評価
・全社的な排出低減目標の設定及び管理
・外部環境(TCFD, IPCC, 国連, 各国政府, IOC, IPIECA, 投資家、NGO等)の動向モニタリング
・TCFD提言に対応する情報開示内容の作成
応募資格 【必須応募要件】
・環境系学部 (環境学、気候変動・サステナビリティ学系) 院卒以上 ※海外大学院修了者歓迎です
・事業会社、シンクタンク、コンサルティング会社等で、気候変動関連業務の経験2年以上
・石油ガス開発会社の気候変動対応への取り組みにやりがいを感じていただける方

【望ましい経験・資格等】
・IPCC第5次報告書についての理解
・IEA World Energy OutlookやBllomberg New Energy Outlook等のエネルギー需要予測ついての理解
・TCFD、CDP等気候変動関連の情報開示ガイドラインについての理解
・石油ガス生産プロセスにおけるGHG排出源管理の経験または知識
・エクセル表計算活用についての技能
・海外拠点での勤務経験

【英語力】
英語での会議・交渉時におけるビジネスコミュニケーション、英文による契約書等の資料のレビュー・作成に不自由がないレベル。
勤務地 東京都
東京都港区
勤務時間 9:30~18:00
年収・給与 600万円~1000万円
年収:600万円~1000万円
経験・年齢・能力を勘案の上、 当社規定により個々に決定
昇給(年1回)、賞与(年2回)
待遇 各種社会保険、財形貯蓄制度、社員持株会制度、住宅関係、社員クラブ、厚生施設、レクリエーション活動、産休・育休制度、時短勤務制度、単身寮・世帯者向け賃貸補助(条件あり)、ほか
休日・休暇 ・完全週休二日、祝日、年末年始、
・慶弔、特別、
・有給休暇、リフレッシュ休暇制度、産休産後休暇、育児休業制度
【部署紹介(部門の業務概要等)】 経営企画ユニットにおいて、気候変動関連業務に専担します。TCFD提言をはじめ、石油ガス企業に対するステークホルダーからの 気候変動関連の要求事項に対応するため、全社的かつ長期的に取り組むべき業務課題が増加しています。こうした業務課題に社内他部門と連携しながら取り組みます。
【部門の今後の方向性・中途採用募集の背景】 企業に気候変動対応の情報開示を求めるTCFD提言が2017年6月に発表されました。主に投資家の立場で投資先の気候変動関連リスクを評価するための情報開示事項を示す内容です。
世界の主要機関投資家及び金融機関を中心に約250社がサポート表明し、デファクトスタンダードとして定着しています。Total、Shell、Statoil、Eni、BHP等エネルギー企業もサポート表明しており、当社も同提言に沿った情報開示に取り組みます。
今後3~4年を目途にそのための体制整備を進めていきますが、そのために気候変動関連業務に精通した人材が必要であると判断しました。

求人会社概要

求人会社名 大手エネルギー開発企業
設立 2006年
資本金 2,908億983万5,000円
従業員数 3,000人以上
概要 【グローバル×エネルギー開発】鉱区の取得から探鉱、生産、製品の販売までグローバルにエネルギー開発に関わる企業です。
石油、天然ガスの探鉱・開発を行い地球規模のプロジェクトを展開しています。
業種 化学・石油・石炭製品

コンサルタントからのメッセージ

世界のエネルギー需要構造が移行期にあり、気候変動対応が当社の経営課題として特に重要と認識される中、経営企画ユニットにおいて当社グループの気候変動対応を推進していただきます。
気候変動対応は、将来にわたって当社事業のSocial License to Operateを維持するために必須となります。
気候変動を巡るサイエンスの理解、2℃目標シナリオへの対応力評価、個別プロジェクトの排出量把握など、事務系・技術系両方のバックグランドが生かせるフィールドで、前例のない新たな仕組み作りに取り組んでいただきます。フロンティア精神旺盛な人材を募集しています。