株式会社グッドワークス(本社)

株式会社グッドワークス (本社)

データサイエンティスト

求人会社名 : ※超大手ポータルサイト運営企業の子会社※

  • 上場企業
  • 時短勤務あり
  • 働くママ在籍
  • 年間休日120日以上
  • 土日祝日休み
  • フレックスタイム制
  • 駅徒歩5分
  • 業務経験不問・業界経験歓迎
  • 育休・産休・介護休暇実績あり
仕事内容 【業務内容】
■分析効率向上のための汎用分析ツール、プラットフォームの
 構築や、顧客データのクレンジングや構造化、基礎集計、
 アルゴリズムの実装などを担当して頂きます。

【入社後のイメージ】
・入社~1年:保有するビジネスデータの理解、
 そのデータを活用したサービスの最適化、新サービス企画構
・1~3年:サービス改善と新規サービスローンチ
・3~5年:シニアデータサイエンティストとして、会社の新サービスの
 立ち上げやサービス最適化の責任者

【この仕事の魅力】
・ヤフー規模のビックデータを取り扱う事が出来ます。
応募資格 【MUST】
■Java、Scala、Python、Rubyなどのプログラミング言語を利用したシステム開発経験
■基礎的な機械学習、統計学の知見
■Hadoop、Sparkを使用した実務経験

【WANT】
■データ分析プラットフォーム構築経験
■RDB設計、またはDWH構築経験
■機械学習ライブラリや分散処理フレームワークを利用した開発経験
■数理統計や機械学習に関する幅広い知識
■プロジェクトプランニング・プロジェクトマネージャー経験
■MySQLなどのRDBを利用したシステム開発経験、もしくはデータ加工、 抽出経験

【求める人物像】
当社のサービスに興味がある方。かつ、自分のやりたいことが明確で情熱のある方。
そしてゴール地点を見据えながら、ルートを変更しながらも、
ゴールまで行ける意思と力を持った方。
年齢 20歳~45歳まで
【年齢制限理由】
長期勤続によるキャリア形成のため若年者等を採用するため(職務経験不問)
勤務地 東京都
東京都港区南青山
勤務時間 ・9:00~18:00(所定労働時間8時間)
 休憩時間:60分(12:00~13:00)
・フレックスタイム制度有:コアタイム10:00~15:00
年収・給与 550万円~1000万円
・年収 550万円~1000万円
※上記基準年収には固定時間外手当(30H/月×12)を含みます。
・賞与 年2回 年収の15~25%を2回に分けて支給 
※給与の表記は理論年収
待遇 ・各種社会保険完備(厚生年金保険、健康保険、労災保険、雇用保険)
・フレックスタイム制/産前産後休暇/育児休業/時短勤務/介護休業/介護休暇
・確定拠出年金、従業員持株会、慶弔見舞金
・会員制福利厚生クラブ、クラブ活動、社員交流イベント
休日・休暇 ・年間休日日数127日(昨年実績)
・完全週休2日制(土・日)、祝日、会社が定めた日
・年末年始休暇、育児休暇(取得実績あり)、有給休暇
 (入社日3日間付与、試用期間終了後9日間付与)
選考について ・書類選考⇒カジュアル面接⇒面接⇒内定、適性検査有り
評価・キャリア制度 ■評価制度
・業績評価(MBO)
■キャリア支援
・社員表彰:1年に2回、上期・下期の業績に基づき表彰
・人財開発カルテ/人財開発会議
・1on1:上司と部下の間で行う、1対1のミーティング
・研修制度
・社内公募制度/FA制度

求人会社概要

求人会社名 ※超大手ポータルサイト運営企業の子会社※
設立 1996年3月
資本金 17億2826万円 (2016年12月31日現在)
従業員数 260名
概要 ・「お客様に高品質で効果的なサービスを提供すること」を継続的に実践するため、”新たな付加価値を生み出す力=イノベーション”を原動力に、中長期的な成長に挑戦しています。
・市場では、オンラインとオフラインのシームレス化や市場のグローバル化が加速しており、
さらに、スマートフォンなどのモバイル化の進展で新たな事業モデルが次々と生まれています。
また、顧客データや購買行動データなどが、効果的なマーケティングに不可欠な要素となってきています。
このような大きな変化のなか、モバイル広告への対応やデータソリューションに基づくサービス開発を推し進めることで、パフォーマンス・マーケティングで日本を代表するカンパニーになることを目指しています。
業種 EC・ポータル・ASP 広告・デザイン・イベント

コンサルタントからのメッセージ

「お客様に高品質で効果的なサービスを提供すること」を継続的に実践するため、”新たな付加価値を生み出す力=イノベーション”を原動力に、中長期的な成長に挑戦しています。
市場では、オンラインとオフラインのシームレス化や市場のグローバル化が加速しており、
さらに、スマートフォンなどのモバイル化の進展で新たな事業モデルが次々と生まれています。また、顧客データや購買行動データなどが、効果的なマーケティングに不可欠な要素となってきています。
上場企業で広告事業をメインに成長を続ける会社です。