ジーニアス株式会社(本社)

ジーニアス株式会社 (本社)

  • 土/日でも面談可能
  • 企業と密なリレーション
  • 業界知識豊富
  • 経営幹部・コンサル
  • 素材・化学・バイオ・食品関連
  • その他(クリエイティブ・医療系)
  • 転職成功事例あり

山口由美子 (ヤマグチユミコ)

コンサルタント歴:13年

性別:女性

得意分野

化学/食品/素材 製薬メーカーのセールス&マーケティング、アドミ、開発、製造、品質など広範囲のポジションを担当しています。
コンサルティング業界 マネージメントコンサルティング、メディカル領域が専門となります。

このコンサルタントの転職成功事例

性別:男  年齢:52歳  学歴:博士  文理:理系

  • 転職前

    • 業種 :食品・医薬品・化粧品
    • 職種 :生産技術・製造技術(素材・化学・バイオ・食品関連)
    • 職位 :製造部長
    • 年収 :1600万円
  • 転職後

    • 業種 :食品・医薬品・化粧品
    • 職種 :製品開発(素材・化学・バイオ・食品関連)
    • 職位 :研究開発本部長
    • 年収 :1900万円

<成功のポイント>
1.過去の研究開発職の経験と現職の製造経験の両方を保有していたことが、本ポジションの要件上の大きな差別化ポイント、強みとなった
2.しばらく使用機会がなく、眠っていた駐在時代の英語スキルを活用できた
3.候補者の方の合理的・論理的なものの考え方が外資系企業のコミュニケーションのスタイルにマッチした

候補者の方は、日本の大手製薬メーカーの要職にあり、当初は全く転職を考えていなかったため、弊社からのスカウトには当惑気味であった。しかし、根気よく時間をかけてアプローチする間に、自身の希望する条件を満たすのであれば、転職も一つの選択肢であるというように、キャリアに対する考え方がより能動的になるとともに、候補者自身が望むキャリアのゴールが研究開発にあることが鮮明になっていった。そのことで、自らが研究開発職に復帰するよいチャンスであると、むしろ本案件に肯定的な姿勢に変わった。

性別:男  年齢:38歳  学歴:大卒  文理:文系

  • 転職前

    • 業種 :医療機器
    • 職種 :海外営業
    • 職位 :マネージャー
    • 年収 :800万円
  • 転職後

    • 業種 :化学・石油・石炭製品
    • 職種 :海外営業
    • 職位 :マネージャー
    • 年収 :1000万円

海外営業職のスキルを継続して発揮するための転職事例。

医療機器メーカーの海外営業マネージャーの方が、海外から帰任後に国内営業部署へ異動が決定。
海外営業のスキルを活かした業務が可能な企業への転職を希望していた。
ヘルスケア関連企業の海外営業マネージャー(北米・南米)をご紹介、決定。

性別:男  年齢:47歳  学歴:大卒  文理:理系

  • 転職前

    • 業種 :食品・医薬品・化粧品
    • 職種 :生産技術・製造技術(素材・化学・バイオ・食品関連)
    • 職位 :医薬品製造 係長
    • 年収 :1000万円
  • 転職後

    • 業種 :食品・医薬品・化粧品
    • 職種 :生産技術・製造技術(素材・化学・バイオ・食品関連)
    • 職位 :医薬品製造
    • 年収 :1200万円

<成功のポイント>
1.医薬品製造分野での豊富な経験
2.外資系企業での長い経験
3.本人の高い志望意欲

<コンサルタントから>
前職での早期退職から、今までの一貫した経験を活かして転職を実現した事例。
ハンディな点があったが、その点を埋め合わせることができる十分な経験を有していることをアピールしたことで、上手くリカバリーできたと思います。

性別:男  年齢:41歳  学歴:博士  文理:理系

  • 転職前

    • 業種 :医療機器
    • 職種 :臨床開発
    • 職位 :研究開発部門 課長
    • 年収 :950万円
  • 転職後

    • 業種 :医療機器
    • 職種 :臨床開発
    • 職位 :メディカルサイエンティフィックリエゾン
    • 年収 :1050万円

<成功のポイント>
1.内資にいながらにして、海外での学会参加等を通じて、ビジネスレベルの英語力を保持していたこと
2.仕事の傍ら博士課程の学位を取得していた点が、学歴重視傾向のある本社の選考にプラスになった
3.大きく異なる企業文化・風土に対する適応力を有していた点

<コンサルタントから>
クライアントは、戦略上重要な新領域の開発において臨床医との関係構築ができる日本側キーパーソンを求めていた。製品自体が新しい分野であり、日本国内でも経験者が限られる中、製品そのものの経験はないが、別の角度から同領域の経験を有していた候補者に白羽の矢が立った。ご本人は現職で大きな不満もなく勤務していたが、日々海外とやり取りしながら仕事を進めるグローバルな就業環境を自身の新しいチャレンジと捉え、意欲的に挑んだ。

コンサルタントからのメッセージ

ヘルスケア、プロフェッショナルファームの案件を多数担当しています。

ヘルスケア産業(製薬、医療機器、化粧品、CRO、CSO)、コンサルティングファーム(マネージメントコンサルティング、メディカル領域)などに専門性を持っています。まずはお気軽にご相談ください。
http://www.genius-japan.com/company/member/