株式会社コア(本社)

株式会社コア (本社)

営業 TMR(混合飼料)ミキサー営業職)

求人会社名 : 業界グローバルで十指に入る、動物用の自然由来サプリメントメーカー【日本でも数十年の歴史があります】

求人ID : 3083

  • 外資系
  • 自社サービス製品あり
  • 語学(英語)を生かす
仕事内容 同社は科学的革新と自然由来の栄養で人、動物と植物の健康とパフォーマンスに貢献するグローバル企業です。1980年にアイルランド人のピアス・ライオンズ博士がアメリカ・ケンタッキー州で創業し、今では従業員5000人が129ヶ国で事業を展開し、動物の健康関連企業として世界トップ5に入るまでに成長いたしました。非上場を維持することで、意思決定の速さや柔軟な対応を可能としています。
日本は同社がアジアで初めて製品を展開した国であり、すでに販売を開始して25年以上がたちました。日本法人は2010年に設立され、現在では約20名のスタッフが国内で活躍しています。
更にお客様のニーズに応え、営業力を強化するため、増員を行います。

TMR(混合飼料)ミキサーの機械を日本全国で販売および整備工場のネットワーク作り(外注)を担当していただきます。
基本的に直行直帰となります。

TMR(混合飼料)ミキサーまたは畜産・酪農農業機器の販売または整備経験は
必須ですが、他のスキルはあればなお良いです。

営業エリアは全国のため、居住地については問いませんが、
週の大半は出張していただくことになります。

【仕事内容】
TMRミキサーの日本の総販売代理店として、全国の農場等を訪問し、TMRミキサーの顧客開拓、拡販、提案等を行います。
●技術情報の提供:海外の技術者と共に顧客を訪問し、技術サポートと最新情報を提供します。

※営業ひとり一人の裁量が大きく、お客様との関係は良好で、充実した技術サポートを顧客に提供できる環境です。

【構成】
レポートラインは、社長直属
営業部所属

月1回のセールスミーティングのため、本社への出張がございます。
※上記を含め、高い頻度で出張がございます。基本的に直行直帰です。

勤務地:応相談

【求める人物像】
●人柄とコミュニケーション能力
●“Can do(出来る)”という態度で臨めるチームプレイヤーかつ独立して創造的に仕事ができる方
●個人としてのリーダーシップ:率先性、自立して積極的に仕事をすることが出来る方
●効果的なプレゼンテーションやスムーズな顧客対応が可能なコミュニケーション能力のある方
●自己管理能力の高い方
●約束を守り、挨拶やお礼がきちんとできる方
●謙虚な姿勢で人と接することのできる方
●学ぶ意欲をお持ちの方
●真面目にコツコツ努力できる方
応募資格 【応募資格】
TMR(混合飼料)ミキサーまたは畜産・酪農農業機器の販売または整備経験
牛農家への営業経験または牛農家での業務経験
職務経験 3年以上
キャリアレベル 中途経験者レベル
日本語レベル ネイティブ
最終学歴 高校卒
資格 普通自動車免許
MS Officeが使える方
フットワークの軽い方

【歓迎要件】
科学に関して学んだ経験(栄養学、畜産等)があればなお良い
英語に親しみがあればなお良い、日本語はネイティブ
勤務地 応相談(全国)
勤務時間 9:00-17:30
年収・給与 550万円~750万円
経験能力、前職給を考慮して決定

求人会社概要

求人会社名 業界グローバルで十指に入る、動物用の自然由来サプリメントメーカー【日本でも数十年の歴史があります】
概要 【同社の強み】
●7年間で3割近くの世界的成長が見込まれる業界で、最先端研究と自社開発を強みとして事業拡大
⇒強みとする分野で、世界最大規模の製造・加工能力。
 業界で唯一、遺伝子・ニュートリション関係の研究施設を自社で保有
●2050年までに世界の穀物需要が4割以上増加し、7割以上の農業生産性向上が必要な中、
 自社技術で農業の生産性向上と人間の健康改善にも寄与
●イノベーションと顧客ニーズに集中した長期的経営

【日本法人】
日本は、同社がアジアで初めて製品を展開した国で、販売開始から数十年が経過。

【穀物需要】
●2050年までに4割以上増
国連機関FAOによると、2050年に91億人となる世界人口を養うには、
食料全体の生産量を2005/07年から2050年の間に約70%拡大する必要がある。
この動向は、食料及び飼料の市場需要が今後も伸びることを意味する。
穀物の需要は、食用と家畜飼料用併せて、今日の21億トン弱から2050年には約30億トンに達すると予測される。
既に開発途上世界の農業GDPの30%を占める畜産は、農業で最も急速に成長中の部門の一つ。

【動物飼料添加物の世界市場】
●7年間で3割近くの成長見込み
2011年に135億米ドル ⇒ 2018年に175億米ドルに達する見込み

【世界の飼料概況】
●飼料業界の産業価値は4,600億ドル
●日本は2014、2015年に世界8位
業種 化学・石油・石炭製品 商社(食品・化学・医薬・その他)

コンサルタントからのメッセージ

イノベーションと顧客ニーズに集中した長期的経営により磨き上げた研究開発を強みとし、業界で唯一、遺伝子・ニュートリション関係の研究施設を自社で保有している会社です。農業の生産性向上と人間の健康改善にも大きく貢献しています。営業の裁量が非常に大きく、良好な関係のお客様に、高い製品力と充実した技術サポートを提供できる環境です。