株式会社ビッグアビリティ(神田オフィス)

株式会社ビッグアビリティ (神田オフィス)

【技術本部アシスタント】アドミニストレーター※事務全般※<大阪>

求人会社名 : 東証1部 データセンター/クラウド事業者のパイオニアとして確固たるポジションを築いている企業

求人ID : YS-sakura-Oadmi

  • 上場企業
  • 年間休日120日以上
  • 土日祝日休み
  • フレックスタイム制
  • 勤務地限定
  • 急募求人
仕事内容 ■庶務・事務作業全般
技術系部門において、以下のような
庶務事務全般・秘書業務と
幅広い業務をご担当いただきます。
・事務所電話・来客対応・スケジュール調整
・業務システム入力、受発注業務
・資料作成(稟議資料、数値管理、議事録等)
・サービスプロジェクトへの参加、ならびにプロジェクト内での各種アシスタント業務
・業務フローの改善、構築
応募資格 <いずれかに該当する方>
・部門アシスタント、総務庶務、
 秘書、営業サポートなど、
 スタッフ職の実務経験3年以上がある方
・マネジメントの実務経験2年以上がある方
・業務改善・業務推進の
 実務経験2年以上がある方

【期待する将来像】
当初はアドミニストレーターとして
事務全般の経験を積んでいただきます。
その後は、秘書専任というキャリアや
人事や総務など
他のスタッフ職へのチャレンジという道も
十分に可能性があります。
ある職種を突き詰めるというよりも、
会社の中で幅広く経験を積んでいき、
その中で自分のやりたいこと、
伸ばしたいキャリアを見つけていきたいと思っている方に
来ていただきたいと思っております。

【歓迎】
(1)部門アシスタント、総務庶務、秘書、営業サポートなど、
 コミュニケーション能力が求められる
 スタッフ職の実務経験がある方
(2)秘書検定2級程度取得の方
(3)IT・ネット企業での業務経験または
 ITパスポートやドットコムマスターなどの
 知識をお持ちの方

【フィットする人物像】
・社交的で思いやりのある方
・どのような仕事であっても取り組むにあたっては、
 そこから何かを自分の物にしようとする意欲のある方
・急な変化や曖昧な状況を受け入れる柔軟性をもち、
 臨機応変な対応ができる方
・IT関連の用語にアレルギーのない方
年齢 22歳~35歳まで
【年齢制限理由】
長期勤続によるキャリア形成のため若年者等を採用するため(職務経験不問)
勤務地 大阪府
大阪市
勤務時間 9:30~18:30
コアタイム「12:00~16:00」を中心に
10分単位で前後にスライドする事が可能です。
年収・給与 360万円~445万円
年収 360万円~445万円

給与改定 年2回(4月/10月)
賞与 年2回(6月/12月)
・当社人事制度による査定により決定

待遇 [各種社会保険完備](雇用、労災、健康、厚生年金)
[通勤手当・住宅補助費] 
[次世代育成手当]
[祝い金] 
社員の子女が保育園・幼稚園、小学校、中学校、
高校・高専、短大・大学に入学時に、
お祝金を支給。
休日・休暇 [休日] 完全週休2日(土日祝)、
バカンス休暇、冬季休暇、記念日休暇、特別有給休暇
[年間休日] 125日(2017年度)
[有給休暇] 入社時20日付与。
1日・半日・1時間単位で取得が可能。

求人会社概要

求人会社名 東証1部 データセンター/クラウド事業者のパイオニアとして確固たるポジションを築いている企業
設立 1999年
資本金 22億5,692万円
従業員数 約500名
概要 インターネットへの接続サービスの提供
・インターネットでのサーバの設置およびその管理業務
・インターネットを利用した各種情報提供サービス業務
・電気通信事業法に基づく電気通信事業
・マルチメディアの企画ならびに製作・販売
・インターネットに関するコンサルティング
・コンピュータソフトウェアの企画・開発およびその販売
・コンピュータおよびその周辺機器の製作および販売・保守
・不動産の賃貸および管理
業種 システムインテグレーター・ソフトウェアメーカー

コンサルタントからのメッセージ

こんなところが魅力です!
データセンター/クラウド事業者のパイオニアとして
確固たるポジションを築いていると同時に、
IoT(Internet of Things。モノゴトのインターネット)や
深層学習(ディープラーニング)向けシステム提供など、
最先端のテクノロジーに取り組む
チャレンジャーとしての側面もあわせもつのが同社の魅力です。
本ポジションはエンジニアが属する技術本部の部門であり
今後の拡大が期待できるため、
自分の仕事が会社の成果につながっていることを実感しやすい仕事です。
自分が成長するだけでなく、
会社が成長することにモチベーションと喜びを感じられる方に
是非、門をたたいていただきたいと思っております。