株式会社ビッグアビリティ(神田オフィス)

株式会社ビッグアビリティ (神田オフィス)

ネットワークソリューション(営業&リーダー候補)【東京・大阪】

求人会社名 : クラウド関連サービスを中心にオフィスの通信インフラを 提供している東証一部上場企業

求人ID : YSG-startiaSA

  • 上場企業
  • 年間休日120日以上
  • 土日祝日休み
  • 急募求人
仕事内容 募集背景
規模拡大による増員

仕事内容
同社が提供するサービスをベースにクラウドインテグレーション、SI、ネットワークサービスなどのソリューション提案を行います。

【顧客ターゲット】
同社は、主に従業員数50~100名規模の企業、社内に専任の情報システムの担当者がいない企業に顧客ターゲットを絞っています。
社内情報システムのアウトソースをすることで、同社が顧客のCIO(最高情報責任者)の代わりとなり、経営に情報システムを役立てられるようなソリューションを提案することを目指しています。

【業務内容】
1.クラウドソリューションの提案
2.セキュリティシステムの提案、導入
3.LAN/WANシステムの構築、保守
4.各種ネットワーク機器の販売レンタル

※より詳細な情報を伝えるため、商談時にエンジニアが同行することも多くございます。
営業部内で、ネットワークインフラとシステムインフラを取り扱うグループに分かれており、人数の割合は7:3となっています。
ネットワークインフラグループはルーターなど、顧客に受け入れられやすいソリューションを取り扱い、新規開拓をメインに活動します。
対してシステムインフラグループはネットワークインフラグループが接点を持った企業へ向けて、既存事業所への提案が多くなります。

成約の単価は100万円~200万円ほどで、決裁者である企業の代表と直接商談をするケースがほとんどです。
また、営業手法やIT業界の知識を身につけるために、週に1回、半年間かけて勉強会を実施しています。
応募資格 必須
IT・ネットワーク系の営業経験をお持ちの方

【歓迎要件】
サーバ、ネットワーク、セキュリティなどのITインフラの商材取り扱い経験

【社風について】
内部は温厚な方が多く、社歴の浅い方でも馴染みやすい雰囲気となっています。
上場をしているものの営業会社としてのベンチャー気質も持っており、安定した基盤の中でいろいろなチャレンジができる環境となっています。

※募集年齢 24~35歳
年齢 24歳~35歳まで
【年齢制限理由】
長期勤続によるキャリア形成のため若年者等を採用するため(職務経験不問)
勤務地 東京都, 大阪府
東京都(新宿) / 大阪府(大阪市)
勤務時間 09:00~18:00
年収・給与 350万円~600万円
年収 350万円 ~ 600万円

待遇 各種社会保険完備、財形貯蓄、従業員持株会、通勤交通費支給(月額5万円まで)
休日・休暇 年間休日120日、週休2日制(土、日)
※全社会議のため、年2回土曜日出社あり、祝日、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇
選考プロセス 【1次選考】マネージャー面接
【最終選考】部長面接

求人会社概要

求人会社名 クラウド関連サービスを中心にオフィスの通信インフラを 提供している東証一部上場企業
設立 1996年
資本金 8億2,400万円
従業員数 単体 451名 (連結 602名)
概要 同社は電子ブック作成ソフトをはじめとするIT製品、クラウド関連サービスを中心にオフィスの通信インフラを 提供している東証一部上場企業です。

【事業内容】
1.ビジネスソリューション
オフィスに必須な設備からオフィスレイアウトなど、オフィスに関わるものすべて、総合的に提案、提供します。
複合機の販売、施工、保守サポートをメインにビジネスフォンや通信環境を意識したオフィスレイアウトの提案や回線コンサルティング事業を展開しています。

2.ネットワークソリューション
ネットワークアウトソーシング環境を提供します。ネットワーク機器やネットワーク構築技術の提供、保守サポートをはじめ、クラウドサービスの提供やインターネットプロバイダの提案、提供を行っています。

3.ウェブソリューション
電子ブック作成ソフトやCMSをはじめとしたWebアプリケーションの販売、Webに関する受託製作、開発、アクセス数アップのコンサルティング等を行っています。

4.コーポレートベンチャーキャピタル
国内外のITベンチャー企業に資金をはじめとした同社のさまざまな経営資源を提供し、その成長をサポートする事業を行っています。
業種 システムインテグレーター・ソフトウェアメーカー ネットワークインテグレーター

コンサルタントからのメッセージ

同社は、主に従業員数50~100名規模の企業、社内に専任の情報システムの担当者がいない企業に顧客ターゲットを絞っています。
社内情報システムのアウトソースをすることで、同社が顧客のCIO(最高情報責任者)の代わりとなり、経営に情報システムを役立てられるようなソリューションを提案することを目指しています。