株式会社アイブレインズ(本社)

株式会社アイブレインズ (本社)

【がん創薬研究】がん創薬研究テーマの企画・立案等のチームリーダー @大手製薬

求人会社名 : 会社名非公開

求人ID : HT-DNS-Cancer

  • 上場企業
  • 従業員1000名以上
  • 年間休日120日以上
  • 土日祝日休み
  • フレックスタイム制
  • 勤務地限定
  • 設立50年以上
  • 住宅補助制度
  • 語学(英語)を生かす
  • 育休・産休・介護休暇実績あり
仕事内容 がん創薬研究の中核研究者として、新規研究テーマの企画・立案から薬剤スクリーニング系の構築、薬効薬理評価等の一連の業務を担当して頂きます。(専門業務型裁量労働制により、一部、在宅勤務制度があります。)

【職務内容】
がん創薬研究の中核研究者として
・新規研究テーマの企画・立案
・病態研究を踏まえた創薬標的の探索とバリデーション
・薬剤スクリーニング系の構築と実施
・ヒット化合物の薬効薬理評価や作用機序解析
・開発化合物の創製と評価(信頼性適合性試験の計画実施や他剤との差別化研究を含む)

【入社後予定されている業務内容】
・がん領域の創薬研究を担当いただきます。
・専門性を生かして、中核研究者として創薬研究の実務全般に携わると共に、必要に応じて若手研究者の教育・指導にも当たっていただく予定です。
・研究リーダーとして研究テーマの企画推進を担うと共に、必要に応じて関連部門間の調整業務にも当たっていただきます。また関連業務として弊社米国子会社への出張や海外学会への参加、外部有識者へのヒヤリング調査なども適宜担当いただく予定です。

※2013年にスタートした第三期中期経営計画では、がん領域を重点研究領域の一つに加え、日本と米国からなるグローバルでの一貫した研究開発体制のもと、画期的な製品の創出を目指しています。
応募資格 【必須の能力・資格・経験】
・医学・薬学・工学・農学・獣医学・生物学等の分野の博士号取得者あるいは同等の研究経歴をもつ方。
・3年以上のがん領域における研究歴とがん免疫関連研究の経験、本領域の高度な専門知識・研究スキルを保有する方。
・製薬企業等においてがん領域の創薬研究経験を持ち、リーダーとして活躍されている方。
・研究プロジェクト等のチームリーダーとして、研究を推進することができる方。
・英語でのコミュニケーション、文書作成が可能である方。
・一流学術雑誌への第一著者としての採択実績が、複数あることが望ましい。
 ※企業での経験が長い場合には、実務での実績をより評価対象とします。
年齢 34歳~45歳まで
【年齢制限理由】
技能等の継承の観点から特定の職種において労働者数が相当少ない特定の年齢層に限定するため
勤務地 大阪府
勤務時間 専門業務型裁量労働制により、7時間50分働いたものとみなされます。
在宅勤務制度:あり(適用が認めた者に限り月5日まで)
年収・給与 600万円~1000万円
想定年俸: 600万円 ~1000万円程度 ※ 経験・専門性などを考慮します。
待遇 正社員 ※試用期間あり(3ヶ月)
<諸手当> 通勤交通費全額支給・裁量労働手当、住宅手当(世帯主のみ)
<昇給・賞与>昇給 / 年1回(7月)、賞与 / 年2回(7月・12月)
<その他制度など>社宅制度、産前・産後休業、育児休業、介護休業、財形貯蓄制度、住宅融資制度、カフェテリアプラン、従業員持株会、共済会、各種社会保険 等
休日・休暇 休日: 土・日曜日、祝日、GW、夏季休日、年末年始(年間休日126日)
休暇: 年次有給休暇(13日~20日)、慶弔等の特別有給休暇、特別積立休暇、リフレッシュ休暇、ボランティア休暇 等
選考プロセス 書類選考、面接、適性検査
キャリアパス・評価制度 入社後は、業務に必要な専門知識を磨くことができるように、外部研修に積極的に参加頂くことを奨励しています。
長期的には、専門性をより高め個人の力で成果を出すスペシャリスト人材、あるいは、組織力を最大限に活かして成果を出すマネージメント人材などがあり、各人の資質や興味に応じて、上司と相談しながらキャリアパスを描いていただくこととなります。

求人会社概要

求人会社名 会社名非公開
設立 1897年(2005年合併)
資本金 224億円
従業員数 3000人以上
概要 日本を代表する製薬企業の一つ。医薬品事業を中核事業とし、その他の事業として、食品素材・食品添加物・化学製品材料事業、動物用医薬品事業、診断薬・研究用資材事業などを展開しています。
 2009年に米国のセプラコール・インクを子会社化し、米国において自社販売体制を構築するとともに、2011年にグローバル戦略製品を発売し、大きくグローバル化を推し進めました。
また、2012年に米国バイオベンチャー企業のボストン・バイオメディカル・インクを買収し、がん領域への本格参入を達成しました。
 2013年にスタートした第三期中期経営計画では、「グローバルレベルで戦える研究開発型企業」、「最先端の技術で医療に貢献」の2つをビジョンとして掲げ、イノベーションへの新たな挑戦をめざしています。精神神経領域やがん領域の重点研究領域に加え、新規分野として「治療薬のない疾患分野」や「再生・細胞医薬分野」の研究開発にも挑戦しています。
業種 食品・医薬品・化粧品