転職サイト日経キャリアNETトップ > 転職マニュアル > 履歴書の書き方・作成

人事担当者があなたに会いたくなる履歴書の書き方

受かる履歴書3カ条
  • 誤字・脱字は厳禁
  • 企業ごとに志望動機の書き方を変える
  • 連絡の方法・時間帯は明確に
履歴書を作る
 転職の際には職務経歴書を重視する人が多いようですが、転職者の基本情報を伝えるという点では、履歴書は職務経歴書と同様に重要な応募書類となります。基本的な応募書類であるからこそ、基本的なルールやマナーから外れると一般常識のない人という評価をされかねません。一次選考の書類審査で落とされない、履歴書の書き方のポイントをご紹介します。
 日経キャリアNETに会員登録すると、履歴書作成サービスがご利用いただけます。一度登録すれば、何度でも履歴書の呼び出し、編集が可能なので、転職活動にぜひご活用ください。
  • 簡単!履歴書作成 今すぐ会員登録する
  • 既に会員の方はMyページへ

1.【年号表記】西暦、元号どちらでもよいが、表記を統一しよう。

2.【写真】履歴書は正式書類なので、スーツ着用、髪型・服装の乱れが無いものを使用しよう。

3.【学歴】転職の場合は高校入学から大学卒業まで書けば十分。正式名称で書いてあるかをしっかり確認しよう。

4.【職歴】履歴書の職歴は職務経歴書の概要になると考え、社名・業種・従業員数と合わせて、自身の職務内容も明記しよう。

5.【免許・資格】仕事に関係のあるものだけを書こう。勉強中の資格についても書いておこう。


6.【志望動機の書き方】志望企業の事業内容や職務内容を十分に理解した上で、「自分の経験を生かし、どんな仕事をしたいのか」を履歴書の中でしっかり伝えよう。

7.【扶養家族・配偶者等】配偶者の有無は手当などに影響することもあるので、きちんと入力しよう。

8.【本人希望記入欄】希望職種以外は詳しく書かず、細かい交渉は内定後にしよう。

  • 簡単!履歴書作成 今すぐ会員登録する
  • 既に会員の方はMyページへ